向井 雪子 / Yukiko Mukai #1

向井:チェルノブイリ後にドイツなどを取材したときにまず近隣諸国も皆、測定器で計ったものに貼り出したりしてね。その時はネットは盛んじゃないから、紙で書いたのを配ったりして、これは安全ですよとか、それを取材してるんですね。まず一番先にやるのは爆発した近くに住んでる訳ですから、放射能のないものを食べるって言う事のために、測定器が必要だって言う事で、その測定をしようっていう市民団体に7台、8台くらい送ったかな。福島県内だと7台、で首都圏にも少し送って、であとホールボディカウンター、体にどのくらい放射能があるか、それをちょっと高いので2つの福島の団体に送ったんですね。その次は子どもたちをなるべく汚染のないところで保養させて被爆を軽減させるような事をしようって事で、球美の里っていう保養施設を作ったんですね。出来るだけ遠い方がいいだろうと言う事で沖縄のいくつか所を探して、12年の7月に最初の子どもたちの受け入れを始めたんです。


Mukai: When gathering information after the Chelnobyl incident in Germany, adjecent countries published/showed data that people measured the level of contamination. In the days before the Interent, people, having information on pieces of paper, claimed what is safe and what is not. In order to ensure the safety of foods around Fuksuhima nuclear power plants in Japan, I, first, supplie those civic groups in need with seven or eight measuring instruments. I distributed about seven of these to groups within Fukushima and a few to others in the Tokyo areas. Besides the instruments that measure the amount of radiation, I provided couple of whole body counter with two organisations in Fukushima prefecture. I, second, established a recuperation facility called Kumi no sato, in Okinawa, a southern part of Japan, in order to reduce rediation exposure level of children in Fukushima, and started accepting children in July in 2012.