松原 明 / Akira Matsubara #1

松原:レイバーネットができたのが2001年なのね。でさっき見てもわかるとおり1989年ぐらいから、ビデオを使った活動ってのを僕はずっとしていて、で周りにもいっぱいそういう人たちが増えてきたわけ。で特に、マスコミがやらないようなテーマ、できないようなもの、従軍慰安婦の問題とかね、そういうのをみんな、ホームレスとか、やり始めてて、その横のつながりのネットワークを作ったんですよ。民衆のメディア連絡会っていう名前なんだけど。その事務所もうちだったんですよ、連絡先は。で、2001年になったときに、もう少し労働問題に特化してやったほうがいいんじゃないのみたいなことになって、まあいくつか分岐したわけですね。そういう、あのー労働問題をベースに、なんか考えようっていうグループとしてレイバーネットってのは出来て。でそれの、僕が、その始めた一人なんですけども。そっから10年間、いま10年以上か、10年ぐらい歴史があるわけですよ。で、最初はみんなVHSとかでこう撮ってたけど、だんだん、その、まあDVDになったのは最近だけど、いずれにしろ、まあメディアも少しづつ変わったけれども、一番大きかったのは2000年になってYouTubeとか出来てきて、そのーネットに流せるなんて考えられなかったわけですね。今まではビデオカセットを持っていって、スクリーンで見せて、上映して、だから非常にこう、小さな範囲でしか見られなかったよね。行かなきゃなんないとか。ところが今ネットに上げちゃうとどこの人でも見れちゃうでしょ、しかもタダで。そういうちょっと考えられないようなことが起きたわけね。それで、まあこれは使おうってことで、最初はただYouTubeで上げてるだけだったのが、今度はYouStreamって出来たから、2005年から。そしたら今度はテレビができちゃう、テレビ的なものがね。で、それを始めたのが2010年からか。これもあの、割と日本では一番早いぐらいなんですよ、あの、いわゆる運動系で使ったって意味では。だいたい2010年にソフトバンクで初めてYouStreamの日本語版っていうのが出来たんですよ。それまでは英語だったから使う人も限られてた。それが、日本語版が出来たのが2010年で、その時にすぐ始めたの、うちは。で、社会問題っていうことで、えー月に一回やってたわけですよね。でそれは、まあそちらの話にもつながるかもしれないけど3.11があって、それからそのー、原発問題をかなり番組のなかの中心において、やってきたっていう流れがあるんですね。まあそういうことです。


Matsubara: LabornetTV was established in 2001. And as you saw earlier, I have been doing activities using videos since around 1989, and at that time there were increasingly people doing similar stuff. Especially, we started focusing on topics that mass media don’t, or can’t broadcast, such as the issue of “comfort women”, or homeless people, and through doing so we have made a horizontal connection, a network called “Civil media liaison group”. The office was at my place. Then in 2001, we have split into several branches in the need of focusing especially on labor issue. And the LabornetTV was created as a group to broadcast news based on labor issues. I was one of those who has started it. It’s been 10 years, or more than 10 years now. At the beginning we were using VHS, and recently switched to DVD as the media gradually changed. But what had the biggest impact was the emergence of YouTube after 2000. Never thought we would be able to broadcast ourselves like that, because we had been carrying video cassettes and showing it to people projecting on a screen. So we had very limited access to videos (before YouTube), we actually had to go there to watch it. But now when you upload videos on the Internet people can watch it from anywhere. An incredible thing had happened. So we thought we should utilize it. At first it was just uploading videos on YouTube, but then in 2005 there was YouStream came out. Now you could do something that’s TV-like on your own! We started using it in 2010. Probably we are one of the earliest groups to use YouStream in Japan, as a means of protesting. Around 2010 Softbank published the Japanese version of YouStream. Before that users were limited since it was only available in English. In 2010 with the emergence of Japanese version, we immediately started using it. We were broadcasting once a month focusing on social issues. Then the 3.11 happened (in 2011), and our programs had shifted more on the nuclear issues as our main topic.