吉田 明子 / Akiko Yoshida #1

吉田:市民の力で実現できることがある、という事でそういう市民の声を政策であったり企業であったりに伝えていきたい、と言う事は、それによって変えていきたいっていうのがあります。

――じゃ、最終的には原発ゼロの…

吉田:原発ゼロとあと福島の被害をなるべく最小限にする事ですね。福島の市民の方とか、アクティブな市民の方々とか。あとは東京でもたくさんの団体がネットワークしていてその中でFoE Japanが事務局をやっていたりだとか、あとは、その再稼働問題では地元の団体だとか、それから最近できた「原子力市民委員会」っていう、2012年の4月にスタートした原子力関係の専門家や活動家が一同に集う場なんですけれども、そこにも私たちも参加していて、そういったところと協力しています。

――例えば避難の区域を広げる活動っておっしゃったんですけど、例えばどういう風にしてやるんですか。

吉田:これは、例えば、その時は、粘り強く政府の人と政府のその事、例えば避難政策だとかを担当しているその時は文部科学省と復興庁などだったんですけれども、担当の係の人たちに連絡を取って、例えば住民の声を届けたりだとか、それから賠償について審査していた審議会があったんですね。で、その委員の人たちに声を伝えたりだとか。で、あとは政府交渉行って政府の方々と市民が会って話をするような場を設定したりだとか、あとはパブリックコメントの様なものが呼びかけられれば、そこに皆で声を出そうっていう風に呼びかけたりですね。あの国会の中にも脱原発派や福島の問題に関心を持っている議員の方々がいて、でそういった方々とは一緒に活動しています。で、以前はかなりそういう方が多かったんですけれども、最近はちょっと減っているというのはあります。まあ、そのそういった議員の方から質問を出していただいたりとか、政府に対して、国会の中で。

――じゃ、「こういう事聞いてください」って言って、それを。

吉田:そうですね。

――なるほど。あとその賠償のサポートみたいなのは、どういう風にされてたんですか。

吉田:だから、賠償の仕組みが作られるときに市民の声を伝えて、みんなもっと必要なんですよって言う事を伝えて、仕組みの方を変えようとしたんですけれども、今少しは変化があったけれどもっていうのが1つですね。あとは、2012年に子ども被災者支援法ができて、で、住宅の支援とかがされるということが書きこまれたんですけれども、じゃ、でもそれ成立してから1年以上具体的にならなかったんですね。で、2013年の8月にようやくその基本方針が発表されたんですけれども、非常に不十分な物だったので、もっとやるべきだと言うような事を今も言い続けているという状況ですね。今はFacebookとかツイッターとかブログとかメーリングリスト。そういういろんな団体のネットワークでメーリングリストがたくさんできていて、そういう所に投げると結構反応が、やっぱり関心がある人が入っているので。


Yoshida: I hope that there are things we can change through the voices of citizens, so I want to spread the voices through policies and companies.

―So, the final goal is the abolishment of nuclear plants?

Yoshida: The abolishment of nukes and the making the damage in Fukushima smaller. There are active citizens in Fukushima… and many organisations in Tokyo are connected and FoE plays the role of the executive office among them. When the issue of re-run of nukes arouse, we participated and collaborated with the local organisations and an organisation called Citizens’ Commission on Nuclear Energy which started in April 2012 for experts and activists of nukes.

―You said, as an example, you work to broaden the evacuation zone, but how do you do that?

Yoshida: For example, when it was about the evacuation policy of which Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Reconstruction Agency, and so on were in charge, we tenaciously talked with the government by contacting to those in charge. Then, we reported the voices of citizens. We also brought these voices to the council about compensation. Setting the place for citizens to negotiate with government, calling out for things like public comments to encourage them to raise voices together, and so on… Within the members of Parliament, there are those who are interested in anti-nukes and Fukushima issue, so we collaborate with them. Even though there were many of those people before, the numbers are decreasing recently. So, we ask them to raise a question to the government, and in the Diet.

―Do you ask them to speak about that at that place?

Yoshida: Yes.

―What were you doing for the support of compensation?

Yoshida: We tried to make a change when the system of compensation was about to be composed, and now there is a little change of it. Also, although the law for the child refugee support was created in 2012 and it says that there will be support for housing, the content was not reflected in reality for more than a year after that. In August 2013, its basic policy was published financially but what was stated there was really unsatisfying. So, now we are continuing claiming for that. Through Facebook, Twitter, blogs and mailing list these days. There are many mailing lists of many organisations as a network, and people react well when we send comments there since they are the ones with concern.