吉田 明子 / Akiko Yoshida #3

――なんか今はどうかわかんないんですけど、前は結構女だからそういうことはいっちゃだめって言われたって方がいて、そういうのって今は変わってきてると思いますか。

吉田:うーん、あんまりないとおもいます。むしろ女性の方がいいやすかったりもするんじゃないかなとおもいますけどね。

――女性の方がいいやすいっていうのはどういったとこですか。

吉田:たとえば、大企業のサラリーマンとか言いにくいわけですよね。で、まあ私もそういう友達も少しいますけど、やっぱり例えば、そういう政治的なことか原発に関してどうだとかは例えばFacebookとかには書かない、書けないとかありますし、

――クビになるってこともあるんですよね?

吉田:いや、まぁそれだけとはね当然ないと思うけれども、それでもやっぱ心配はするし、やっぱり原発に直接関わるようなもしくは間接的にかかわるような企業だったらそれは当然気にはなるだろうなと思いますね。そういうところに圧倒的に男性の社員が多いので。まぁそれに比べれば女性は少し自由な立場の人が多いんじゃないかなと思います。


―I am not sure for this generation, but there are women who were said in the past that they should not do a certain thing ‘because they are female’. Do you think the concept is changing now?

Yoshida: Well, I don’t think there are many women like that today. Rather, I think that women can more easily make a claim.

―In what point?

Yoshida: For example, salaried workers at a large company cannot say about political things or nuclear plants on facebook etc. And I have this kind of friends.

―So, they get fired by doing that?

Yoshida: Of course not only with that reason, but they really care about that. And If the company is connected directly or indirectly with nuclear plants, it is natural that they concern about it. In this type of company, there are so many male workers, so females can be considered more free compared to that.