吉田 明子 / Akiko Yoshida #4

――知り合いの方でたとえば自分がそういう政治的に脱原発とか主張することによって旦那さんとか子供に影響があるんじゃないかとか気にしてる方っていますか?

吉田:気にしてる方はあんまり言わないので、まあなんだろうな。まぁだから一切そういうことをほとんど考えない人と、考えてまぁね、こう関心を持ち始めるともういろんなことがあるじゃないですか。っていう人と分かれてるのかなって気はします。ただそうはいっても多くの人が、いややっぱり原発はないほうがいいし放射能線はないほうがいいとはおもってるとはおもうので、まぁそこをどのように見せていくかというか、かなぁとおもっていて、このゼロノミクマという着ぐるみはそういう人たちの声をどう可視化するかっていうので始めたときはね、思ってたんですよ。これはまぁ、着ぐるみなので街とかに出ると、あかわいいとか言われて、普通のほんとに全然それこそデモにも来ないようなお母さんたちも、あ、くまちゃんだとかいって。で、これ原発ゼロのくまさんなんですよっていうと、あ、そうなんだやっぱ原発は嫌だよねっとか言ってくれたりしたんですね。これは前新宿御苑にいったときなんですけど、あとは街頭だとかありますね。で、まぁそういう街頭にいくと意外とほんとに多くのひとが、あ、そうなんだって普通に受け入れてくれるっていうのは思いました。で、やっぱりそこで多くの人が潜在的にはやっぱりデモにはいかなくても嫌だと思ってる人もいるんだなぁと。まああとは選挙の期間は選挙に行きましょうみたいなチラシを配ったりもしたし。チラシだけだと受け取りがよくないけど、くまがいるとチラシの受け取りがすごくよかったっていってました。

――すごい効果的ですね。

吉田:あとほんと、若い女子高生とか女子中学生の人も、たまにこう、あぁとかいって来て、原発ゼロのクマなんですよっていうとあぁそうなんだとかいってくれたりしますね。

――興味持ってもらうだけでも。

吉田:そうですね。というのはやっぱり報道も減ってきてるっていうか、まあところどこと報道されてはいるんだけれども、他のこともいろいろあるので情報に触れにくくなってるんじゃないかなと思いますね。


―Are there any moms around you who care about the influence on their husbands and children by politically claiming anti-nukes?

Yoshida: Well, those who care do not even mention it. There are 2 types of people; those who never think of the issue and those who cannot stop thinking about it once they know even a little about it. But the reality is that many people agree that there should be no radiation around us. That’s why I wanted to make those voices visible and so I started this character costume called Zeronomikuma (meaning zero radiation bear). Since it is a character costume and sometimes appears in towns, even those moms who don’t usually come to demos say that they are actually against the nukes when I tell them that this is the zero radiation bear. This is when I visited Shinjuku Gyoen, and the bear also appears at street as well. Because people accept the bear and its meaning quite easily, I can see that they are potentially against the nukes even though they don’t go to demos. Also, the bear distributes the flyers to encourage people to go to elections and so on. I heard that the reaction of people is good when the bear is there.

―It seems to be so effective.

Yoshida: And junior high and high school girls also come to the bear and understand it when explained about it.

―It’s good that they get interested in the issue.

Yoshida: Yes. Since the amount of news reported about the issue has been declining, it is now becoming difficult to touch the information about it.