吉田 明子 / Akiko Yoshida #5

吉田:まぁ原発は動いていたので、いまはもう原発は動いていなくて1年以上たってますけど、それはまぁ実現、みんなね今すぐに止めろとはいってたけど、ほんとにここまで止まるとも最初おもってなかったんですね。まぁでもそれが現実になって今考えてみればというか、いざ動かそうとしたときに動かしていい理由がもうないと。様々な観点から、安全上からもコストの面からも。で、市民の声に関してはやっぱり2011年から12年にかけてとても盛り上がって、2012年の大飯原発再稼働のあたりがほんとに20万人国会を囲んだりしましたけれども、若い人とかがでてきたのはやっぱり2011年12年のあたりがおおきかったんじゃないかなとおもいます。そこに比べれば、さすがにいまは人が減ったとかいわれることはあるけれども、まあでもそれ以上に続いてるってことがすごいとおもいますし。たとえば官邸前のアクションとか。で、そのばーっと網目のように広がったネットワークはいまも続いていろんな形で繋がりながら、まぁ以前ほどアクティブではないかもしれないけれどもそのつながりはあるし、だから市民エネルギー問題などに関心を持つ市民ていうのは以前よりもずっと多くなってるんじゃないかなと思います。で、それこそほんとに関心のなかった人がいるじゃないですか、そういう人たちもやっぱり今は少なくとも節電とかについてはちょっと意識してると思うんですよね。そういうこともあると思います。

――FoEで活動してて達成感を感じるときとかやっててよかったなっていうか実るっていう、そういう場面はありますか。

吉田:そうですね、例えばイベントにたくさんの人が集まって、あぁ関心が高いんだなっていうことが分かった時っていうのが一つありますね。あとはもちろん、変化が起きれば大きいことですよね。たとえばこの子供被災者支援法ができたということもそうですし、2012年に8万9000件のパブコメが集まってそのうちの8割が反対の意見だった、そういうのは私たちはパブコメを出そうと呼び掛けていたので、ちょっとはねその効果があったんだなと思って達成感はありましたね。


Yoshida: Even though the Fukushima Nuclear plants were working before, it’s been more than a year since we made it to stop them. Everyone was saying that they should be stopped, but did not really thought of realising this goal at first. Now, there is no reason to actually operate them again in terms of safety and cost. The voices of citizens gathered and became most strongest around from 2011 to 12, and 200,000 people encircled the National Diet in 2012 when there was an issue of operating the Oi Nuclear Plant again. More of the young people started being active around 2011 and 12. Compared to that time, the number of active people is declining, but the great thing is that the activity itself is still continuing. For example, the action in front of the official resident of prime minister. And the network we have created through those activities works even now. So I guess that today there are more citizens who concern such as about the natural energy. Even those who did not care about power saving now at least became conscious to it.

―When do you feel that you accomplished something by working at FoE?

Yoshida: For example, when a lot of people came to an event and knew that there are many of those who are actually concerning about the issue. And, of course, the moment when a big change occurs such as the establishment of the law to protect children and victims. And since we have been addressing to publish the public comments, I felt accomplished when 80% of 89,000 public comments we gathered were against nuclear plants in 2012.