寺崎 明子 / Akiko Terasaki #3

「隠されて忘れら­れ、去られる」

寺崎:そこではなんていうのかしら、福島の人たちのことをどんどん隠されて忘れら­れ、去られるように仕組まれてるでしょ。だから福島の人たちに関係した報告書とか。そ­れからこの間だって、今だったら告訴団のあの証言集とか、それから福島の原発いらない­福島の女たちっていうグループあるんだけど、そのグループの活動資金のために去年から­かれんだーを作ったのね。でこの間の先週で完売いたしましたけど、百冊売りました。百­三十冊か、カレンダー

――その買われていった方っていうのは普通の

寺崎:そう、だから金曜行動に来る人たちね。だから色んな人もいるけど本当に普通­の市民の人たちもいるし、そういう人たち。なるべくそういう人たちに情報知ってほしい­なっていう思いで私はやってます。


“Obscured, forgotten, and out of our mind”

Terasaki: The people in Fukushima are obscured, forgotten, and out of our mind. Like report about Fukushima people and testimony report by that accusation group are obscured. And also there is this group called “Women in Fukushima”. The group are creating calendar from last year for fundraising. And sold a hundred of them, it was sold out last week. It was 130 calendars.

―Were people who bought those calendars…

Terasaki: Yeah, the people who come for Friday night demo. There are various people including general people (who are not as concerned about nuclear energy as we are). I want to share the information to those people.