寺崎 明子 / Akiko Terasaki #4

「疑似民主主義社会」

寺崎:あのなんていうかしら、やっぱりね3.11まではね日本は民主主義社会だって言われて­たけど。で私はちょっと本当に民主主義の社会なのかなって疑問には思ってたんだけど3­.11までね。やっぱり3.11が来てやっぱり日本は疑似民主主義社会だってなってい­うのがどんどんどんどん分かってて、選挙のたびに外国人からどうして日本人は原発を再­稼働するのかとね、言われても説明できないですよ。私もそう思ってるのに。だからそう­いう意味ではやっぱり自分が思ったことを発信しなきゃ、世の中変わっていけないって。­私はこのテントも民主主義のね、学校でそこで自分たちは勉強してるんだって今あの民主­主義っていうものを自分たちの手で作っていかなきゃそんな敗戦だってね、アメリカがく­れた憲法で民主主義ができたわけじゃないってはっきりしたじゃない。これからが私たち­のがんばんなきゃいけないときだなっていうふうに思ってる。

“Japan’s democracy is fake”

Terasaki: Um, Japan used to be considered as democratic. I wondered whether that was true a bit until 3.11. But after 3.11, I gradually understood that Japan’s democracy is fake. Foreigners would ask why Japan is restarting nuclear plant but I couldn’t answer because I doubted the same thing. For that reason, I realized that I needed to send out what I doubt to change the society. The tent is like a school where we learn democracy. We need to create democracy by our hands. It’s clear now that the constitution given by the U.S. after the loss of WW2 did not create perfect democracy. I believe that it is time for us to make an effort.