大西 旦 / Akira Onishi #4

大西:これは文句を言いつづけない限り、国は自分の非を認めないだろうと思った。それでも認めないですけどね。いまだに完全に解決していない、みのまたのケースもありますから。でそっちをまた担ぐ学者もいるわけですよ。だから本当に自分のことしか考えていなんだなっていうのが僕の正直な感想ですね。


Onishi: I thought that unless we continue to protest, the country (government) will not admit its faults. Still, they won’t admit it though. It hasn’t been solved yet like in the case of Minamata disease. On top of that, there are scholars that cheer for the government. So honestly, my impression is that the country (government) truly thinks only about itself.