柳浦 彰 / Akira Yagiura #3

柳浦:テントの活動にね、うーん。まあひとつのこれ”象徴”、象徴ですから、脱原発のね。日本中の脱原発の一つの拠点になってるわけですから、アピールどうこうよりもここで続けることっていうこと自体にもちろん意味があると思います。いろんな人の交流する場になるでしょうし、ここで、もう、やっぱり結構お年寄りの方も多いですからね、あんなもう年金生活なげうってまでやってる、やっぱり、(胸を)打たれますねそれなりにね。だから、続けることにもちろん意味があると思っていて。で、例えば経産省側とか原発を続けたい側からすると、やっぱり”目の上のたん瘤”というか、いいものでは絶対にないと思うんですよね。でもここにしっかりとした意思を形として表現し続けるのはすごく大切なことなので、あと交流する場として、同じ思いを持った人が交流できる場としての拠点となる、あとまあシンボルとしての存在という意味でもこれはもう非常に大切な存在なので、まあ本当に、僕はそんなにかかわってないんでそんな無責任なことは言えないんですけれども、まあぜひ続けてほしいなとは思いますよね。うん。


Yagiura: The tent occupy, um, it’s a sort of “symbol”, a symbol of anti-nuclear. It is the center of anti-nuclear movement in Japan. So it’s not really how it appeals people, but rather the fact itself that the tent exist here is important. Various people can meet here. It’s impressive how those old people continue their activity at the tent when they live only relying on the National Pension. So I see its value in the continuation. But, for those who want to keep activating the nuclear power, like the Ministry of Economy, Trade and Industry, the tent should not be very welcomed. But it is important to keep expressing a firm will as a form. Also as a place where people can share their thoughts and information, and of course as a symbol. As I am not technically a member of them I cannot say things too much irresponsible, but I hope them to continue doing it.