柳浦 彰 / Akira Yagiura #1

柳浦:はい、えっと中野区に住んでおります、柳浦彰と申します。いま38歳で、普通の会社員をしています。で、まあ今、今回まあ4月にですね、統一地方選挙というのがありまして、まあそこに一応まあチャレンジを表明しているところで、いろんな活動をしている状況、今はそういう状況です。

――今までは何か活動はされていたんですか。

柳浦:あの、まあ私今回、本当に区議会議員選挙にチャレンジするってことなんですけれども、三年前に大きな市民運動がありました。原発都民投票というですね、まあご存知の方も結構いらっしゃるかと思いますけれども、3.11をきっかけに、まあ原発の問題が、国が何かおかしい、情報を隠したり、まあ本当に原発被災者の方々が本当にね、避難所に暮らさざるを得ないような、それでもまともな保障とかサポートが得られないと。そういう状況を見て、これはいかん、と。わたくしも一応まあ娘がいるんですけれども、こういう社会を娘に残したくないなと、本当にその思いだけで、市民運動にこう入っていったんですね。それがもう、あの歴史的な大きな市民運動になったんですけれども。原発都民投票のまあ請求代表者、という、まあ法的な活動でしたから、まあ32人代表者がいたんですね、まあその中の一人、私は一人として、まあ本当に政治とは全く無縁だった、それまでは本当に選挙の投票すら行かなかったんです。恥ずかしながら。32歳になるまで。だからみなさん学生さんでこんな活動されてるのはもう素晴らしすぎて。もう二十歳とかって、まあ私も一応学生でしたけども、そんなこと全く考えてなかったので、まあ非常に素晴らしいなと、見させていただいてます、はい。

――その、前にされていた活動についてもう少し詳しくお聞きしてもよろしいですか。

柳浦:もちろんもちろん、はい。

――どういった活動をされてたんですか。

柳浦:原発都民投票ですか?あれは一応法廷署名で、要は最終目標としては、東京都の中で住民投票を開くことによって、原発、東京電力管内の原発を続けるのかやめるのかっていうのを、都民の投票で意思表示をしよう、っていう、まあただそれだけなんですね、基本的には。でその、例えば原発の反対の票が上回りましたと、いう結果が出たとしても、それに従う義務はない。法的な拘束力はないんですけれども、ただ多くの人がもう原発の事故を受けて、心配だとか、あるいはやめてほしいとかいう声のほうがおそらく多いとは思いますけれどもね。ただ情報もきちんと出ていない、っていう状況で、やっぱり市民、あるいはもう無関心な人も結構いるじゃないですか、あれだけの事故があっても、「放射能大丈夫だよそんなの」とか。そういう人のほうが逆に多いかもしれない。ただ、そういう人は逆に新聞とかテレビとかの一面的な情報しか得ていなかったりするので、もっとこう、いろんな専門家の話を聞いたりだとか、チェルノブイリの実際に体験した人の話を聞いてもいいでしょうし、市民がこう、話し合って、勉強していって、賢くなって、で最終的には責任をもって住民投票で投票するっていいうね、これ以上ない民主的な手続きで、意思表示ができる場っていうのを作る必要があるはずだって思ったんですね。だから脱原発デモとかも参加しましたけど、ある意味住民投票にすごく希望を感じていて、賛成でも反対でも対話して決めていこうっていうね。で、市民が賢くなって、最終的には責任をもって、決めるっていうところにすごく賛同して、まあこの運動から関わったってことですね。

――その活動をされていた期間っていつからいつですか。

柳浦:えっと、繰り返しになりますけど法廷署名ですから、署名期間が決まってるんです。公益自治体、つまり東京都でいえば2か月間、2か月間の間に50分の1、有権者の50分の1以上の署名が集まらないと、まず議会に届けることができない、ていうまずひとつのハードルがあるんですね。東京でいえば22万。22万の署名を集めなければ、以上集めなければ、議会に提出ができない、お願いすら出来ないんですよ。で最初私たちも本当に3.11をきっかけに、あ、話長くなってますね、質問、大丈夫ですか?

――大丈夫です、はい、

柳浦:で、まあ本当に政治とは無縁だった、署名活動もなにもしたことなかったような人が、本当に気持ちだけで、こう集まってきて、右も左もわからない状況で一所懸命毎日街頭に立って、署名を呼びかけたっていうね、ほんと素人集団の集まりだったので、署名集まるのかな、集まるわけないよっていろんな人に言われました。でもそれでも、その、「何とかしなければいけない」という気持ちが強かったので、みんなで頑張って最終的には32万を超える署名が集まって、議会に届けて、当時石原慎太郎さんが都知事でしたけれども、まぁいろんな意見はあるでしょうけれども、「原発は国の問題だから」って一蹴されて。でも基本的に石原慎太郎さんが決めるものではないので。石原慎太郎さんの意見を払っして、また議会、都議会に付すわけですね。でそこで審議されて、最終的には議員の採決で決まるわけなんです。ただ、慎太郎さんは、石原慎太郎さんは、もうそんなものは箸にも棒にも掛からない、と。市民が何言ってるんだ、という状況だったんですね。うん…はい。

――結果的には、ああやっぱり無力なんだ、僕たちは、という感じでしたか。

柳浦:そこで一つの壁は確かに感じました。で石原慎太郎さんにやっぱり、知事に右へ倣えみたいな議員が多いですから、でそれも初めて知ることになった。選挙にも行かなかったんですからね。そこで、 そういう署名が集まった、で終わりではなくて、そこから今度はロビー活動と言って、地元選出の議員さんに会って、初めてですよ、議員さんの事務所に行って、議員さんに電話をかけて、もうみんな手が震えながらね。 初めて。議員さんの事務所なんかちょっと怖いじゃないですか。そういう状況でみんな頑張って各地でやってくれて、僕も代表者でしたからしょうがないですよ。中野区選出の党議、4人いますからね、でまあ電話をかけて、何とか会ってくださいと。それでも応えてくれない。会おうともしない議員のほうが多かったんです。びっくりでしょ。我々何も本当に色はついていないんですよ、普通の市民が思いだけで集まって、一生懸命電話かけたりね、手紙を書いたり、ファクスをしたりメールをしたりしてるんだけども、全く返答がない。まあ、自民党・公明党の議員さんですよね。もう本当にトップダウンで決められてますから。あいつらとはコンタクト取るなよってたぶん言われてたと思うんですけれども。それにすごくショックでした。なんで話を聞いてくれないんだろうっていうね。議員さんっていえば普通に考えたら市民の代表でしょ? 東京都民の代表なわけじゃないですか。都民の代表、ある意味代わりに議会に行って話をしてくれてる人が、その都民の話を聞かないっていう状況がそもそも本当にあり得ない。どういうことなんだこれは、ってことを初めて味わったわけですね。議会に行っても、本会議とかって本当にもう議場、なんていうかその、演技を見せられているような感じなんですよね。要は作文の朗読会。もう、水面下ですべて決められていて、行政側と議員側がなんかすり合わせをしたりってことが多いわけですよね。そんなことも全く知らなかった。なんかもう作文の発表会を延々と見せられて、みたいな。っていう状況を見てね。でその挙句、僕らが会おうとしても会ってくれない。でそこからは、まぁ最終的に否決されてしまったんですけれども、その結果そのものももちろん悔しかったんですけれど、「あ、こんな議員ばっかりの議会を変えなければいけないんだな」っていうのもすごい痛感したんですよ。もう話にならないと思って。それからは本当に市民運動も並行してやってきましたけど、今度は選挙の応援。あるいは市民派候補者、市民に寄り添って本当に変えようとしてくれてる候補者もやっぱりいますから。でもそういう人は政党に属していなかったりとか、組織を持っていなかったり、お金がなかったりって本当に力が弱いので、やっぱり市民が支えていかなければならないので、やっぱり市民と。都民投票で市民の人とすごく繋がりましたからね、市民の仲間ができたから、そこでやっぱり応援していく、候補者を、まあ、例えば都知事選とかやりましたからね。


Yagiura: My name is Akira YAGIURA, living in Nakano ward. 38 years old, an ordinary employee. Now I am preparing for the nationwide local elections coming up this April. That’s the current situation that I am in.

―Have you been involved in any social activities before?

Yagiura: Well, as I am going to be a candidate for the ward assembly election, I have participated in a big civil movement three years ago which led me here. It was called nuclear powerplant metropolitan citizen vote (原発都民投票), as you may know, which had started since 3.11 to raise our voice against nuclear issues and the government who conceals information and let the affected area alone without enough support. We stood up to change the situation. I myself has a daughter, and I decided to join the civil movement only because I strongly felt that this is not the society that I want to pass on to my daughter. That became the very historical civil movement later on. I was the representative of the movement, it was a political activity, and had 32 representatives as I was one of them. I used to be very ignorant of politics, and what a shame, I had never been to go to vote until I was 32. So it is such a wonderful thing that you are doing this as University students. When I was 20 I was a student too, but I had never involved in something like this, so I think it is very impressive.

―Thank you very much. May we ask about your former activities a little more?

Yagiura: Yes, of course.

―what did you do particularly?

Yagiura: You mean the citizen vote? That was a signature-collecting campaign, whose goal was simply to show our will on whether we should keep activating the nuclear power plants by TEPCO, by having a citizen vote within Tokyo. For example, let’s say the votes against nuclear energy exceeded the votes that are for it. Even it resulted in like that, there is no obligation to follow it. So it had no legal power. Yet many people had anxiety after the nuclear disaster. But (on the other hand), without accurate information, there are also people who are indifferent to the topic, saying “no need to worry about radiation” despite such a disaster. Maybe that’s the majority. Those who are indifferent are only gaining information from newspaper or TV, so they need to listen to experts, maybe people who experienced Chernobyl, citizens must discuss, and study, and be wiser, and finally vote with responsibility. I thought there was a necessity for making a place where people can share their opinions with means that is more democratic than any other. For the same reason I had participated in an anti-nuclear demo too, so I see a big hope in citizen vote, which attempts to decide things based on conversation. I strongly agreed with its policy that firstly make citizens conscious and then let them make decisions with a responsibility. This is why I started from this movement.

―When was it exactly?

Yagiura: Well, let me repeat that it was a signature-collecting campaign, the local government, in the case of Tokyo it was two months, within two months we had to collect signatures from 1/50 of the electorate in order to submit it to the Diet.In Tokyo it was 220,000 people’s signatures. We can’t even say things to the Diet unless we collect more than 220,000 people’s signatures. So, at first I was indifferent of politics. People who had no experience collecting signatures got together with only enthusiasm, and stood on the street everyday to collect signatures. Because we were all inexperienced, some told us it was impossible. But despite that, as we had a strong feeling that “we had to do something for it”, we finally were able to collect 320,000 signatures and submitted to the Diet. However, the former Governor of Tokyo, Shintaro Ishihara rejected our proposal by saying “Nuclear energy is nation’s matter”. But it’s not him to make a final decision. Again we submitted to the Metropolitan Assembly. It was deliberated there, and decided by the members’ vote. But, Shintaro Ishihara saw this absolutely hopeless.

―with the result, did you feel your powerlessness?

Yagiura: We surely felt a barrier at that point. I also learned that there are so many Diet members who just follow what the governor says for the first time. Well as I had not voted before (laugh). The collection of signature was not the end, then we started lobbying, we visited local Diet members to their office. It was our first time. Our hands were shaking when we called their office (laugh). It is kind of scary to call a Diet member’s office. In that condition our members worked well, and I, as a representative did it also. There were four members from Nakano ward (where he lives). I called them to ask to meet us. But they wouldn’t say yes. The majority of Diet members did not even try to see us. Surprising, right? We don’t belong to any party. Ordinary citizens sharing the same wish get together and make phone calls and write letters, send fax and emails, but get nothing from them.Those members of the Liberal Democratic Party and the Komeito. Everything is decided from the top down. I guess they are told not to contact us. We were so shocked. We didn’t know why they wouldn’t listen to us. Aren’t they supposed to be the representatives of us citizens? Representatives of Tokyo citizens. It’s impossible that citizen representatives don’t listen to their citizens. It was our first time to face that situation. Even if we visit to see the Diet meeting, we feel like we are watching a play, as if everything is already decided before discussion. Like they are doing recitation. It’s all set below the surface. And we didn’t know that either. We were just watching their recitation over and over, and they end up ignoring our proposal to meet. It was in fact refused at the end, and we were so frustrated and disappointed. But from that experience, I really thought that we need to change the Diet with full of members like them. I was still participating in the citizen movement, but this time I started to do support elections, or candidates who are on our side, who is really trying to change the situation with citizens. But those candidates are usually less power as they do not belong to any party, they don’t have organization or money. So they need our support. We had had a lot of connections with citizens through Citizen vote. I am supporting candidates with them. I supported during Tokyo governor election.