柳浦 彰 / Akira Yagiura #2

柳浦:えっと、だから本当に市民運動、住民運動、あの都民投票って言うのは市民運動の一つですよね、でそれか関わると、やっぱり長年市民運動を頑張ってきた人とかも関わってくることもあるわけですよ当然、ね。まああの、長年もちろん頑張って、本当に市民運動ってこれまでいろんな苦しい歴史があったと思うんですよね、やっぱり行政側とか政府から弾圧、弾圧とかね。自由な行動をまあ制限されたり。で、本当に仕事もなげうってやってる人が本当に多かったりするんですよね。で、自分の生活もままならない、でも気持ち一つでやってるっていうのは、もちろんそれはそれで素晴らしいことで、継続していくことは力になってるとは思いますけれども、ただ、行かれてわかると思いますけれども、あんまりこう、お年寄りがやっぱり多いですよね、で、若者が来てもちょっと引いちゃうような雰囲気もあるし、っていうところで、あ、ちょっと長いですか?大丈夫?あの、僕が心掛けていたのは、都民投票の時からね、若者とか、政治に無関心だった人にどれだけ関心を持ってもらえるかっていうところにすごくテーマを置いていて、いまの、僕が向かう、これから挑戦する選挙っていうのもそれをテーマにしているんですけれども、その、要は政治に関心があるっていう人が一定数、分母がいて、そこを取り合う、みたいな状況があるんです、選挙とかだと。で、市民運動ってのは逆にまた選挙に関わっていかないっていう人が多くて、そこは僕はちょっとおかしいと思っていて、市民運動も要は結局社会を変えるわけじゃないですか。おかしい、原発やめてほしい、やめるんだったらやっぱり市民が、もちろん市民が何百万とか官邸前に集まってきて、こう「やめてくれ!反対だ!」とか言ったら変わるかもしれないけれども、なかなかそこまで広がりを見せることはできない。で、こうやって細々やるのも大切なんですけれども、もうちょっと横に広げていくような、その、もうちょっと若者に楽しんでもらえるような、ね、仕掛けだとか、もっとファッショナブルにするだとか、わかんないですよ?もっと訴えかけるようなアプローチと言うものをするべきで、そういうものをしてこなかった市民運動の人たちは結構いらっしゃるんですね。で「これは自分たちは正しいんだ!このやり方で行くんだ!」って、どんな服着てようが、これでやっていくんだって、こうやるわけですよね。まあそれもわかるんですけれども、一歩そこからまた飛び越えて、「どう見られてるか」ってのを意識しながらやっていくっていうもっと洗練されたスタンスでやっていく必要があると、僕は個人的にそう思っているんですね。で市民運動も、こう、やってきている人が、僕は市民運動でぶつかって議員の壁にぶつかって議会の壁にぶつかって、あ、これじゃあだめだなって。まあ都知事選もあって選挙の壁にもぶつかったんですけれども。で本当にへこんだ時期もあったんですけれども、結局でも市民運動をじゃあやるかって言ったら市民運動も大切だけれどもそれだけではやっぱりかわらなくて、やっぱり議員をどうにか変えていかなければ、で、また市民運動から議員が出て行ったら市民運動の人にも希望を与える光になると思うし。で、そこで市民運動と議員がつながってやってることが僕は最大の理想だと思ってるんですね。だから、これだけの仲間がついてくれていますよっていうひとりの議員は、たった一人の議席でもすごい力を持てると思うんです、議会の中でもね。どれだけの仲間がついてるかっていうね。で要はその市民に寄り添った、きちんと市民のために民主的な、本当に世の中を変えていこうっていう人は結構いますからね実際ね、そういう人とも繋がっていって、横でつながっていくっていうことをやっていく必要があって、そのためには市民運動やってる人に声をかけていって、「市民運動だけではだめですよね、一緒に議会も変えていきましょうよ」って、こう引っ張っていくような動きも多分必要でしょうしね。そういう思いで今動いてます。今はね。


Yagiura: Well, so the metropolitan vote (tomin-tohyo) is one of civil movements. In the group,there are some people who have long been involved in civil movements. They have been doing civil movements for a long time, oftentimes being pressured by the government, restricted freedom of actions. Many of them are putting priority more on the movements than their actual work. So they barely live off. It is wonderful that they are still doing it under the strong mind, which is producing power in a way. But, as you see when you visit those people, many people are old. And they have atmosphere that young people would hesitate to approach. What I was always concerning as most important since the metropolitan vote was to attract younger generation or those who have been indifferent to politics. This is also my theme in the next election. What I mean by this is that there is current situation that elections are done only within certain population who are interested in politics. And the civil movements on the other hand oftentimes done distant from politics. This is the point where I see a problem. They are infact the same in terms of the attempt to change the society.
Opinions like, “nuclear energy is wrong”, “it should be stopped”, it may have power to actually stop nuclear power if millions of citizens got together at the Prime Minister’s official residence, but in reality it cannot spread so much. It is certainly important to continue small acting like this (tent), though, more wide-spread in terms of generation, so that younger generation would be interested, or make it more fashionable? I don’t know, but they should certainly do more appealing approach, although many civil movements have not been doing their activities in such perspectives. They tend to go with what they believe is right, no matter how they appear. I understand them, but I personally think that it should step our of it and be improved in a sophisticated way by being more conscious of “how they are viewed”. As I have been involved in a civil movement, I have encountered the barrier of Diet members, then the barrier of the Diet system, and realized that it isn’t the right way to continue. Well I have encountered the barrier of election, too. At some point I was very disappointed and depressed, but what I still wanted to was not civil movement but rather changing the Diet, although civil movements are important as well. Also, I thought it would be a light of hope if a citizen from a civil movement became a Diet member. My biggest ideal is where civil movements and Diet members are connected. Even one member would have power in the Diet if he/she has supporters. It’s about how much support one can have. So what I mean is that there are quite number of people who wish to change the society in a democratic way truly for the citizens. It’s necessary to have a connection with those people. For that, we need to approach people in civil movements to lead them by telling “civil movements are not enough to change the society. Let’s change the Diet together”. That is what I’m currently believing. Now, at least.