柳浦 彰 / Akira Yagiura #4

――海外に逃げるという選択肢は考えなかったんですか。

柳浦:まあ実際、考えましたねそれは。考えました。で、ただまあ家庭の事情もあり、まあ僕の仕事の事情もありってまあ言い訳になっちゃいますけれどねこれは。でいま、ぼくはもちろん東京に住んで暮らしているんですけれども、嫁と子供はいま関西に住んでます。3.11後すぐに避難して、
そんとき、私もそんな意識なかったんですけれども嫁のお父さんとかがちょっと避難してくれということで、嫁と子供はもう、関西に避難して。

――それはもともと親戚がいらっしゃった…?

柳浦:親戚、そうそう。嫁の母方の親戚があって、そこに身を寄せている状態で。で東京はもう、申し訳ないけれども、放射能とかでいろいろ汚染されているところもあるので、嫁の考えとしては東京に戻ってくるつもりはないと。ただ僕はまあこっちに一応仲間とかいろいろいて、人間関係がやっぱりありますし、仕事もここでずっとやってますからねいまね。という関係でなかなか僕は東京から離れることができなかったっていうまあ、状況ですね。で海外も考えましたよもちろんそれは。でもそれはぼくひとりが何とか言って変わるものではなくて、やっぱり家族の同意も必要でしょうし、っていうのがあったのでなかなか難しかった。でも将来的に(可能性は)ゼロではないと思ってます。まだまだね、それはね。

――いまその、離れ離れですよね。それによってなんか家族間の…

柳浦:んーまあもちろん頻繁に会えることは少なくなりましたけどねそれはね。まあそれによってやっぱり、うん、家族がもちろんバラバラになるとかってよく言われますけど、まあそこまでではないですけれども、まあ、もちろん、うん…。さみしい思いは当然しますよね。うん。

――でもそれでも成り立っているのはやっぱり、共通に信じている「原発怖い」とか「安全に暮らしたい」とかいう思いがあるからですか。

柳浦:まあその原発怖いっていう意味ではもちろん共通してますけれども、ただ例えば今回この選挙に僕が挑戦するってことも基本的にはあんまり(家族は)賛同してないですから。笑 そのあたりではやっぱりね、ある意味僕が突っ走ってるところがあるので、うん。なんか僕が勝手に使命感を感じてやっているところがあるので。まあそこで、結構選挙に立つ人って、選挙の、話になっちゃいますけれども、立候補を決める人ってやっぱり家族の賛同を得られない人が結構多い。そういう人のほうが逆に多いんですよ。昔からの、やっぱり二世議員とかね、こう、帰属議員というか、地盤がしっかりしている人は、もちろん親からの地盤を受けて、「そろそろお前に譲るぞ」ってことで家族を挙げて盛り上げるんでしょうけれども、そうじゃない人っていうのは、割と普通のサラリーマンっていうのは、「あなたやめて、頼むからやめときなさい」と。笑 「家庭どうなるかわかってるの?」ということを言われる人のほうが多いみたいですけどね。まあそれでもやっぱり信念を持ってやるって言うね。勝手に(?)立つ、まあ男性がやっぱり多いですけどね。そういう人が多いみたいですよね。

――それはある意味男性だから、みたいな使命感ですか。

柳浦:男性だから…女性でももちろん、気持ちがある人は立ちますしね。あの東京でいえば生活者ネットワークっていう女性だけの議員を出してる政党があったりしてすごく民主的でいい政党なんですけど、僕好きなんですけどねその政党をね。あの、まあ男性だからって言うのも特にないですねそれはね。

――例えばその、家族を引っ張っていかなきゃ、みたいなのは…?

柳浦:うーん、うんうんうん。まあ、特にだから離れて暮らしてて子供が小さい時の子育てとかにも、僕個人的なことですけどね、あんまり関われなかったっていう、申し訳なかったっていう気持ちがあるんですね。だから少しでも父親らしいことを、別に例えば僕が本当に議会に行くことが父親らしいのかどうかってそれはわからないけれども、最初に言ったようにやっぱり娘がいたことがやっぱりこの市民活動とか政治に向かわせる大きなきっかけだったので、それで娘の子育てにあんまり関われなかったっていう、申し訳ないっていう気持ちを、なんとかこう償いたいっていうんじゃないけれども、それが大きな一つのきっかけだったので、まあそういう意味でもちょっと後に引けない、後に引けないというか、もう、自分がそう信じているのでね。勝手に思ってますけど。いつか感謝してくれたらいいのかなって。勝手な気持ちでいます。


―Have you ever thought of evacuating overseas?

Yagiura: I have, in fact. Yes. But, it may sound like an excuse though, there was the family situation, my job situation before that. And currently I’m obviously living in Tokyo, but my wife and child are in Kansai. They evacuated right after 3.11. At that time I wasn’t that conscious, but my wife’s father wanted them to leave Tokyo, so they evacuated to Kansai.

―Is that where your relatives are?

Yagiura: Yes, yes. It is where my wife is from. They now live with the family. Unfortunately my wife is not thinking of going back to Tokyo in the future because the radio contamination. But I still have my friends, colleagues, and human relationship here, since I have been working here for a long time. That is why I could not leave Tokyo. And year I had thought of evacuating abroad of course. But that was not something that can be decided only by my opinion, it needed family agreement, so it was difficult. Yet the possibility is still not 0% in the future. Not yet.

―I suppose that your family is now in distance. Does that make any differences in the family relationship?

Yagiura: Um, of course we cannot meet that often any more. People say that family would collapse in this kind of situation, but I don’t think we are like that, but yeah, um, of course, I miss them. Yeah.

―What’s the shared belief that holds relationship between you and your evacuating family? “Nuclear is dangerous” or “want a safe life”…?

Yagiura: Of course we all share the notion that nuclear is dangerous. But in the case of election that I am going to participate, they are not basically very supportive (laugh). In that case it’s rather me doing things my own. I just feel obligated to do so. Speaking of family support, it is common to see people in election who don’t get family support. I guess the second-generation member would be given their position and supported by all family, but people other than that, like the salarymen like me are told by their wife “Please stop”(laugh), “Are you aware of that you have a family”. But they still do with a strong wish. They are mostly men.

―Is that due to the gender in a way, like men’s responsibility?

Yagiura: Nen…women stand up too as long as they have a mind. In the case of Tokyo there is a network called “seikatsu-sha network”, which is only consists of women. Very democratic and I personally like them. So it’s not like because I am a man specifically.

―Do you feel that you’re the one to lead the family?

Yagiura: Um, yeah. I personally have a feeling that I was not able to participate taking care of my daughter when she was little as we lived separate, I feel bad about that. So, at least as her father, though I am not sure if participating in an election would count as a father-like act, but as I said earlier my daughter first led me to get involved in the civil movement and politics, I would like to make up for the lost part. So I can’t go back, because I believe so. I hope she would realize my feeling some day.