加藤 穂高 / Hodaka Kato #1

加藤:要は、世の中の、直接的に政策決定に加わる人達ではないところ、一般市民のところが関心を持つことによって、実際その選挙の風だとか、あるいは世論というものを起こすことによって、もしかするとその、政策的にそこに介入する余地…

加藤 穂高 / Hodaka Kato #2

加藤:2011年の福島の事故からついに3年経ってしまった状態での原発、脱原発デモなんですけども、それこそ野田政権化でもマスコミが取り上げるくらいに首相官邸前で繰り広げられたデモ。あれはある意味ものすごく成功パターンだった…

加藤 穂高 / Hodaka Kato #3

――デモのイメージがあまりよくないと先ほどおしゃっていたじゃないですか、その旧来のイメージっていうのは官邸前みたいなデモが旧来のデモなんですか? 加藤:そうですね。サンプル数としてはもちろん少ないんですけども、そうですね…

加藤 穂高 / Hodaka Kato #4

――SASPLと官邸前の違いを説明してくださったじゃないですか、でそのときにあの普通の人々に対して知らしめるっておしゃっていたんですけど、普通の人々ってどういう人々ですか? 加藤:そうですね、自分がイメージしているのは基…