柳浦 彰 / Akira Yagiura #2

柳浦:えっと、だから本当に市民運動、住民運動、あの都民投票って言うのは市民運動の一つですよね、でそれか関わると、やっぱり長年市民運動を頑張ってきた人とかも関わってくることもあるわけですよ当然、ね。まああの、長年もちろん頑…

柳浦 彰 / Akira Yagiura #3

柳浦:テントの活動にね、うーん。まあひとつのこれ”象徴”、象徴ですから、脱原発のね。日本中の脱原発の一つの拠点になってるわけですから、アピールどうこうよりもここで続けることっていうこと自体にもちろ…

柳浦 彰 / Akira Yagiura #4

――海外に逃げるという選択肢は考えなかったんですか。 柳浦:まあ実際、考えましたねそれは。考えました。で、ただまあ家庭の事情もあり、まあ僕の仕事の事情もありってまあ言い訳になっちゃいますけれどねこれは。でいま、ぼくはもち…

難波 宏 / Hiroshi Namba #1

難波:まずテントに行きつづける理由の第一、義務感。まず義務感、その約束をまず果たすと、いうのが一つと、もう一つは、あとテント自身がひとつの反原発運動のシンボルになっていることは間違いないと思うんですよね。でやっぱりこのテ…

難波 宏 / Hiroshi Namba #2

――個人的にはずっと反原発でしたか。 難波:ずっと反原発です。3.11の前から原発は核兵器につながる問題として反対だったのと、僕の知り合いの方が被爆2世運動ていうのをやっていて、ようするに被爆している子どもが体内被曝して…