プロジェクトについて

投稿日:

上智大学・ママの会取材プロジェクト
Mothers Against War Interviewing Project

2015年は日本にとって大きな節目の年となりました。
7月16日、衆院本会議での安全保障関連法案強行採決。
それが日本国内外に与えた衝撃はたいへん大きなものでした。
日常の中で、「戦争」「憲法9条」といった穏やかでないキーワードが頻繁に飛び交うようになり、その時勢の中で新しい社会運動の波が必然的に生まれていきました。
メディアへの露出が著しく多かったSEALDsを筆頭に、国会前には多くの人々が集まり、戦争反対と民主主義の復権を訴えるようになりました。
さて、そんな群衆の中に、社会運動という言葉の荒々しさにはそぐわないような、やさしいピンク色があります。
それが、安保関連法に反対するママの会(当時)の横断幕です。
The year 2015 was a turning point for Japan.
On July 16, the plenary session of the House of Representatives steamrollered The national security(Anpo) bill, which has shaken up both Japan and the world.
We started to be exposed to the unfamiliar vocabularies such as war and the Article 9 in the everyday conversations. The occurrence of the new wave of social movements is almost destined under this political situation.
With its frequent appearance on the media, SEALDs leads the movements, and a great number of different people follow them. They gather in front of the National Diet claiming for democracy and protesting to wars.
In the crowd, we can find a cute pink figure which is rather not suited to the harsh images of social movements.
That is Mothers Against War’s placard.

だれの子どももころさせない。

小さい子どもを抱えながらかわいいデザインの横断幕を持って声を上げる女性たちの姿は、これまで見たことのないものでした。
私たちは、上智大学の学生として、同校デイビッド・スレイター教授の呼びかけに応え、ママの会とはどんな団体なのか、どんな人たちが参加しているのか、そこにどんな思いがあるのか、という会の実情を知るべく、メンバーの方々にインタビューを敢行することにしました。
このサイトでは、今までご協力いただいた方々のお声をご紹介していきます。
It was the very first time to witness that the women raise their voices, with carrying their children and holding a lovely designed placard.
We, as students of Sophia University, started a research project under Professor David. H. Slater. This project is based on interviews to the members of this group and intends to understand what kind of group Mothers Against War is, who joins, how they are driven, and so on.
This website introduces some of the interesting interviews we did during the last semester.

なお、インタビュー聴取は社会学のメソッドに則り、お話しいただいた内容を資料としてアーカイブする、という目的を第一としています。
また、以下同意書へのご記入とご署名をいただいた上、教授と学校の指導のもと、内容の守秘義務を徹底して履行しています。
Our research follows the sociological research methods and one of its biggest purpose is to archive the stories told by each interviewee.
Also, we are aware of the interviewees' privacy and most careful with confidentiality. We ask every interviewee to agree with the term of use of the data recorded during the interview and it is assured by the document below.

releaseform
 
連絡先 Contact Info:
sophia.female.activists(a)gmail.com
https://www.facebook.com/sophia.MAWproject
指導教員 上智大学国際教養学部 デイビッド・スレイター