藤原 節男 / Setsuo Fujiwara #1

藤原:私はね、福島原発事故において、福島3号機が爆発したでしょ。で、1号機の爆発は白い煙だったんですね。で、横にずっと広がる爆発だったわけですよ。3号機の場合はね、黒い煙でピカッと光って、どーんと黒い煙がね、上まで、600メートルまで上がったと。これは違う。水素爆発ではない。ということで福島3号機核爆発ということで、一所懸命キャンペーンをやってるわけですよ。で、それのね、キャンペーンで一番最初にインターネット放送にここでやってくれたんですよ。インターネット放送ね。

――どのインターネット放送ですか?

藤原:えーっとね、んーレイバーネットかな。レイバーネットTVで、まだ、ずっとまだ、その動画はインターネットにまだありますけれども、それの、もともとの私の話を聞いてくれたのが、ここでやったわけ。

――それはいつ頃の話ですか、レーバーネットで流されたのは?

藤原:えーっと、2年ほど前かな。

――それからずっとテントに来続けているんですか?

藤原:ま、来続けてるっていうかね……


Fujiwara: You must know about the explosion of the third nuclear reactor. Unlike the first reactor that only released white smoke, the third reactor exploded with a bright spark while releasing black smoke as far as 600 meters into the sky. We are putting effort into campaigning because we know that the explosion wasn’t the result of a hydrogen explosion, but was in fact a nuclear explosion. The first time we were exposed online was at this very place.

―Which online broadcaster came?

Fujiwara: It was LabornetTV. The video can still be found on their website.

―When was this?

Fujiwara: Around two years ago.

―Have you been coming to the tents ever since then?

Fujiwara: I have…