蛇石 郁子 / Ikuko Hebiishi #3

――放射能心配だけど声を上げられない雰囲気っていうのはありますか?

蛇石:今もあると思いますよ。うん。

――それは何で声あげられない?

蛇石:やっぱ非難されるのが怖いでしょうね。だから線量も一時期よりは3年半経って低くなってきてるんだから大丈夫だよっていう人もいるんですよね。戻ってきなさいよっていうひともいるんですよね。戻る戻らないもほんと自分の自己判断にゆだねられてしまいましたので、自主避難、ここ自主避難だから、経済力の差があって、経済力のある人は自主避難できるけど、二重生活になる訳なのでね、母子避難ということになれば夫がこっちにいて、それぞれやっぱりお金がかかりますよね。それに対して、賠償請求すればもどってくる、その手続きとか面倒くさいからやりたくない部分もあるでしょうし、だからなかなかこう、避難したくても避難したいっていう声を出せないのはやっぱり周りからの圧力が気になるからですよね。
保養相談会に関わってらっしゃる方はまずは子供の健康を考えて、こっちに重点的に取り組むってならざるを得ないですよね。子供の健康を考えるってことであれば、保養に特化するとか、安全な食べ物を手に入れたいからそちら、ここに残って生活するには安全な飲み物を確保したいからそこに特化する。お母さんたちがそこに特化せざるを得ないのは、当たり前ですよね。ここに残ってるお母さんたちにしてみれば、まずは安全な食べ物ってなわけですから。脱原発運動は、やっぱりその次になるとは思いますよね。まずは生活じゃないですか、自分たちの生活、何を食べるかっていう。で、学校現場でプールが始まるとか、屋外活動が始まるっていった時には、やっぱりそこに対して不安を持ってたらそうならないようにっていう。優先順位がそのひと、その年代によりますよね。優先順位はそのおかれたひとの年代、世代によるんじゃないんですかね。

――やっぱり母親の世代の方は目前の生活。

蛇石:そうですね、子供たちのこと、食事のことだと思いますね。


―Is there an atmosphere where mothers can’t raise their voices about radiation even though they are worried?

Hebiishi: Yes, I think that’s still there.

―Why can’t they?

Hebiishi: I think they are afraid of being criticized. There are people who say it is fine because the radiation level has dropped after three and a half years. There are people who tell them to come back. To go back or not, those decisions have been entrusted on the individual. This area is a voluntary evacuation zone. You have to pay for two sets of living expenses if you were to evacuate, for the husband, and the mother and the child. It costs a lot of money. You can try to request for compensation, but that’s a lot of work to so some people don’t want to do it. But I think they can’t raise their voices because of the pressure from people around them.
H: People who are involved in the Hoyo, are concerned about the children’s health so they focus on that. Some are more concerned about safe food, so they focus on that. It’s normal for mothers to focus on a certain issue. For the mothers who are still here, safe food is the primary concern. I think anti-nuclear energy comes after that. What’s important is their everyday life, what they eat. If the school is starting pool class, or outdoor activities, you don’t want to be worried about that. The priorities differ depending on generation and the person.

―So the mothers are concerned with their everyday life.

Hebiishi: Yes, about their children, their food.