蛇石 郁子 / Ikuko Hebiishi #2

――やっぱり子供とか健康とかそういう環境とかって言うのは女性の方が…

蛇石:身を持て体験してね、こりゃ受け入れられないなっていうもんだと思うんですよ。震災前に知っていた事以上に震災後に学ばなくちゃいけない膨大な放射能に関する知識、セシウムとかねプルトニウムとかトリチウムとか、後どういう影響を与えるのかとか閾値(しきいち)とか、まるでそういうのは学校では学ばなかったしね、その後に勉強しないと追いつかなかったですよね。で言っている事が原子力村の学者が言ってる事と危険視をする学者の言ってる事ともの凄く幅があるじゃないですか。これは何なんだろうっていうふうに思いますよね。
あと、大事な情報が後出しになってくる。後からこうだったって言われる。余計不信になってきますよね。ただちに影響はないって言うその「ただちに」のその範囲はいつまでなのかっていうね。やっぱスピーディーな情報が隠されたっていうのは1番の問題ですよね。ネットの中ではアメリカは80KM以上ですって言う風に言ってるのにテレビではそういう事は言わないですよね。

――なんでそういう情報を隠すんですか。

蛇石:1番はやっぱりパニックを恐れたっていうのは恐らくあると思うんですよ。1度に発表してしまったらば今までだってずっと大丈夫だ大丈夫だっていうふうにね、言ってきたわけなんでね、安全だ安全だって言ってきてこういうもの凄い状況になった時に、まず冷静に聞いて下さいねっていうふうに言えば良いんでしょうけど、それどころじゃなかったって言うのもあると思うんです、1号機2号機3号機4号機がああいう形になってしまったから、政府の方だって相当パニクっていたと思うんですね。

――これからどういう風になっていってほしいですか、日本の原発。

蛇石:そうですね。1番はやっぱりエネルギー問題だと思うんですよ。日本のエネルギーをどう安全な物にしていくかっていう事だと思うんですね。で、そこのところが凄くきちんと私たち国民は望んでいるんだけども、そうじゃない方向でずっと来てたと思うんですね。私たちパブリックコメントって相当出しているんですけども、国民の願いとは反対方向の原発を推進したりとか再稼働にすごい偏りすぎてますよね。


―Are women more enthusiastic about issue related to children, health, environment, etc.?

Hebiishi: I think they can’t accept the situation because they personally experience it. There is so much we need to learn about radiation after the earthquake. About cesium, plutonium, tritium, what kind of effects is has, the threshold. We didn’t learn about those things at school. We had to study to catch up. And there’s a big difference between what the people from the “genshiryoku-mura” says and what the wary scholars say. You don’t know what’s going on. And they tell you the important information later. It makes you even more worried. What does it mean when they say there isn’t any “immediate” dangers. The biggest problem is that they hid the SPEEDI information. On the Internet America is saying the danger zone is within 80km, but they don’t say that on TV.

―What do they hide the information?

Hebiishi: I think they are afraid of people panicking. They kept saying it is safe so they couldn’t disclose the information at once. I should have told the citizens to be calm and listen, but that wasn’t possible at the time. I think the government was panicking too after the 1st, 2nd, 3rd, and 4th plant’s situation.

―What do you hope for Japan, it’s nuclear power plants.

Hebiishi: Hmm. I think it’s an issue of energy, how to change Japan’s energy resource to a safer one. I think Japanese citizens want that but it has been going in a wrong direction. We have been submitting many public comments, but I think it has been going in the opposite direction of what the citizens want with pro-nuclear energy and restarting nuclear plants. It’s really one sided.