蛇石 郁子 / Ikuko Hebiishi #4

――なんかNPOとかデモに行く方とかと違って議員さんだからできることってありますか?

蛇石:そうですね、議会を通して議会の中での請願とかたくさん上がってくるんですね、市民の方から。そういう請願を採択して国に届けるっていうのが議会の役割のひとつなので、やっぱりきちんと議会で、議会制民主主義の場でありね、討論の場であるので、なぜこの請願に賛成するのかなぜ反対するのかっていうのは力を入れなければいけない所なのでね。

――その請願っていうのはどこから?

蛇石:市民の方とか労働組合の方からとか、町内会とか、あとは共産党さんだったら市民グループの方からとか、あとはいろんな形であがってきますね。事務所にいらっしゃったり、議会控室があるんですけど、そこにおいでになって相談を受けるってことがあります。市民の方から。市民と直接ですね。だからプールのこととか屋内遊び場を作ってほしいとか、そういうのもお母さんたちのグループの方から3aのおかあさんたちのほうから上がってきたものを請願として採択するための紹介議員になったりしていますね。

――お母さんたちと話してて、一番多かった要望とか心配事っていうのは?

蛇石:やっぱり子供達を守る対策を教育委員会としてしっかりしてほしいってことですね。給食のことであったり、あと外で運動することに対する危惧感ですよね。だから屋内と遊び場をきっちり作って、体育館とか、そういうのをしっかり確保してほしいとかですね。まぁ被曝を防護する対策ですよね。


―Are there some things you can do because you are a city counsel representative, that NPO workers or demonstrators can’t do?

Hebiishi: Yes. The citizens submit many requests though the city counsel. It’s the city counsel’s job to adopt those requests and submit it to the national diet. It’s important to explain why this request is important, because it’s a parliamentary democracy, a place of debate.

―Where do those requests come from?

Hebiishi: From citizen’s groups, labor unions, neighborhood associations, or the communist party, in many different forms. Some come to this office, some go to the waiting room in the city counsel and consult me. Directly from the citizens. So for example, about the pool or indoor playing space. I get requests from mom groups such as 3a and become the representative to introduce the request.

―What was the most popular concern among the mothers that you heard?

Hebiishi: That they wanted the Board of Education to take measures to protect the children. About the school lunches, or about playing outdoors. So I want them to make a indoor playing space or a indoor gym. Ways to protect them from radiation.