蛇石 郁子 / Ikuko Hebiishi #5

蛇石:この原発事故を契機にドイツの方では、ま、ドイツは進んでますからね、2020年にもう全機廃炉っていうのを目指してた国であるし、30年間のゲネレーションギャップっていうのはあると思うんですけど、もう方向転換したじゃないですか、日本の状況見て。もうこれは危ないし後からの廃炉に向けてまでも相当お金をつぎ込まなきゃいけないよっていう経済的にも割が合わないよって倫理的にも問題だよって言う事で凄く賢明な答えを出したと思うんですけど、日本はそうはならなかったって言うのは凄く悔しいなって思いますね。原発2011年のデモって東京でも相当やったじゃないですか。で、これは変わってほしいって言う願いだと思うんですよね。東京からでもお母さん達九州の方に避難されたでしょ。だから、国が滅亡するに値するものだと思うんです、特に日本では。

――なんでそんなデモとかたくさんあって国民の願っている事ではないのにやっぱり再稼働とかって言う風になるんですかね。

蛇石:やっぱりそれは村人、原子力村の人たちが自分たちの利権を失うのが怖いからって言う、そのひと事ではないでしょうかね。
この福島原発の廃炉収束作業に6,000人入ってるって言われてるんですよね。で、3,000人は福島の県民らしいんですけど、後3,000人くらいは全国各地から集まってきているようなんですね。それもすごい70,80の下請け構造になってるじゃないですか。で、私は原発を進めてきた人たちはやっぱりその収束廃炉作業に関わってほしいなって言う風に思うし、今進めようとしている人たちはやはり少しでもこの過酷さを経験してほしいなって思いますね。分からないじゃないですか、進めたいっていうその前提にはこの福島の事故があるわけなので無視してますよね、完全にね。無視できない現況がこれなんだっていう所にもっとフォーカスしていかなきゃいけないと思いますよ。どんなに大変な作業なのかって言うのを。今はちょっと寒くなってきたから良いけど、夏場なんかもの凄い暑い中でね、防護服の中ってすごく暑いから、たくさん冷却するもの入れて体に身につけてやってる。それでも頭がクラクラして、線量は高いしね、危険な状況で仕事をしているわけなのでね。そこをもっとマスコミは報道していかないといけないと思うし今だって汚染水問題が解決したわけじゃないですからね。あの地下水が来る所に立地しているのでどんどん地下水が流れてるんですよ、福1の所をね。で、どんどん流れてるしそれが汚染水となって溜め込んでるわけですよね。でも毎日何百トンって入ってくるから、アルプス使ってやってるって言うけれど、それでも取り除けないものが出てるらしいので見れない事にされてるけど、決してそこを忘れてはいけないと思うんですね。汚染水として流れ出てるよって言うのは無視できないと思うんですよね。凄い、これはもう環境団体がもっともっと言っていかなくちゃいけないと思いますね。
東京電力は、土木事業だって言ってますけれども、3年も経ってね、まだ何の手も打ててなくて、成功もしてないっていうのは、歯がゆいところですよね。で、選挙するでしょ、こんど12月2日から衆院議員選が始まって、700億かかるっていわれてるんだったら、そんな選挙しないでやっぱりここの安全対策を第一にすることが優先課題ですよね。


Hebiishi: Germany is very progressive. They said they will shut down all the nuclear reactors by 2020. I know there’s a 30 year generation gap, but they changes courses after seeing Japan. They understood that it was dangerous, and it cost a lot to shut them down later, it was not economical, and it was immoral. They make a smart decision. It’s mortifying that Japanese didn’t do the same. There were many demonstrations in 2011 in Tokyo. I think it’s the people’s wish for change. There were mothers from Tokyo who evacuated to Kyushu. It’s like the country is going to perish, here in Japan.

―Why do you think they are restarting the nuclear plants despite many demonstrations, and it not being the people’s will?

Hebiishi: I think it comes down to the Genshiryoku-mura people being afraid of loosing their rights.
It is said that there are 6,000 people involved in cleaning up the decommissioned nuclear reactor. 3,000 are from Fukushima and the other 3,000 are from other places. There are 70 or 80 subcontractors. I think the people who have been pushing for nuclear energy should do the cleaning up themselves, and I think the people who are for nuclear energy experience the hardships. You don’t understand until you do it. They are completely ignoring the fact that there was a accident. I think they have to understand that it’s a matter that cannot be ignored.
How hard the operation is. It has gotten cold so it’s better now, but in the summer it is very hot. Inside the protected gear it is extremely hot so they have to put on coolers. Even with that they feel dizzy because it’s so hot, and the radiation level is high as well. They are working in a very dangerous environment. I think the mass media should report more on that. The contaminated water issue is not resolved yet. Fukushima Daiichi is located where the contaminated water goes through. And it’s storing all the contaminated groundwater. Everyday there’s hundreds of tons coming in. They say they are using water from the Alps but that doesn’t clean everything. It’s being ignored, but I don’t think we can forget about it. You can’t just ignored that contaminated water is leaking out. I think environmental groups can do more to raise awareness.
TEPCO calls it construction work. But after three years nothing has changes, no success. It’s irritating. And now they’re doing the election for the House of Representatives from December 12th. It’s supposed to cost 70 billion yen. I think they shouldn’t do such an election and deal with the safety measures. That’s the priority.