蛇石 郁子 / Ikuko Hebiishi #1

――原発ゼロの…

蛇石:そうですね、もう最初っからそうでしたね。

――3.11の前からそれはおっしゃっていたんですね。

蛇石:原発の危険性、特に日本なんかは大きい地震があったならば、まずどうなるんだろうなっていう事は思っていたので。生きた心地がしないですよね。食べ物も飲み物も、もう大地も汚(けが)されて空気も汚されて海の方も汚された、そしたらもう呼吸してるわけだし食べなくちゃ生きていけないし、飲まなくちゃいけないし、食べ物は田畑から取れるものでしょ。で山にあるキノコとか山菜とかそういうのも全く口にする事ができなくなったわけですから、もう生きていけないじゃないですか、まるで。生命の危機ですよ、本当に。

――外でも遊べないから。

蛇石:ええ。だから、共存できないですね。はい、放射能と人類は共存できない。


―You wish for a non-nuclear society?

Hebiishi: Yes, that was always my position.

―So you were anti-nuclear even before 3.11.

Hebiishi: The dangers of nuclear power plants… Especially in Japan, I wondered what will happen if there’s a big earthquake. It doesn’t feel like I’m “living.” It contaminates the food, what we drink, the earth, the air, and the sea. We need to breath, eat and drink in order to live. We get our food from the fields, and mushrooms and vegetables from the mountain, and now we can’t eat any of that. We can’t live like this. It’s a crisis of human life, really.

―You can’t play outside either.

Hebiishi: No. So we can’t coexist. Radiation and humans can’t coexist.