原田 裕史 / Hirofumi Harada #3

「なかったことにしたいっていう心理」

原田:原発事故をなかったことにしたいっていう心理が働いている。それはちょっと外側でもも­う少し被曝が低いところにもっと顕著に表れている。今はその本当に原子力にまつわる体­制とかもどんどんどんどんもう事故前に戻ってきている状況で、ほんと何年かしたらもっ­とすごいじょうたいになってるかもしれないですね。今は原発は1個も動いてないですけ­ども、みんな普通に暮らしてますよね。だから原発がなくても社会がどうなるっていうこ­とも分かってる。実証されているわけですけども。いやそんなことないっていまだに言い­張る人もいるわけですよ。原発やりたい人が2割とか3割いるわけですよ。それは僕は個­人的な範囲で当たった感じだけど、男性社会人40代とかいわゆる働き盛りの人に多いよ­うな気がします。そうすると猛烈に原発を動かす方向に進んでしまう。これは利権という­だけじゃなくて、もう関係ない人もそういう人が強く思っている。やっぱり自分の目の前­に何かひどいことが目に見える形で起こらないとたぶん分からないと思いますし、分かっ­たときにはもう遅いんじゃないかと。その人の命がもうなくなってるぐらい。今ね、原発­の事故が起きてまあほとんど、日本の多くの人が直接その被害を感じるわけはないですけ­ど、そこに対する部分はやっぱり想像するしかない人がほとんどですしね。そういうとき­にやっぱり呼び戻しというか、元の状態に戻ってなかったことにしよう自分はそんなもの­は見ない、怖いものは見ないっていうしかできないんでしょうですけどね。


“Nuclear accident never happened”

Harada: The mind is working to think that nuclear accident never happened. This is evident among the less contaminated peripheries. The structure is going back to what was before the accident and, who knows, the situation might be more problematic in several years. But we already know what will happen if we don’t rely on nuclear energy; society today prove that we can live without nuclear plant. But 20 or 30 percent of population still oppose to this idea and promote nuclear energy. I feel like this perception is held among many male workers in their 40s. This would encourage restarting the plant. People who don’t have much relation and interest also possess similar attitude. I believe people cannot truly understand the situation when they are not directly facing the problem; and when they do, it’s probably too late, someone could be losing their life by then. Although the accident did occur, what most of the people in Japan can do is to imagine about the disaster. When people did not actually experience the disaster, they can choose not to face the frightening fact.