原田 裕史 / Hirofumi Harada #1

「通い詰め­ることに」

原田:今、テントとの関わりってことであれば、原発事故のあと、しばらくは仕事をしてなかったんですね。え­ー事情があって仕事なくなりましてね、事故の直後に。で、しばらくそのまま仕事をしてなくて、­原発反対のことばかりやってた頃にテントに来たんで、ま、その頃は毎日来てましたね。最近は­仕事してますんで、週末とか年末年始しか来てないんですけれども、そんな形ですね。原発に、まあも­ともと反対してだいたい20年ちょっとぐらい経ちますんで、まああの原発反対でテント­が、最初のひと月ぐらいは来てなかったんですけどね、ちょっと怖いんで。見た目ちょっと­怖い、近寄りがたいところがありましてね。でまあ最初ひと月ぐらいは来てなかった­んですけど、そのあと、ま、向こうから退去して座り込みっていうんで、いてくれ言われて来てるのが始まりですね。でそのあと、なんだかんだで毎日のように通い詰め­ることになりまして。で、職、仕事復帰したのが2年ぐらい前なんですけど、それからは週­末とかそんな感じですね。


“Frequent the tent every day”

Harada: After the nuclear accident, I was not working for a while. I had no job after the accident and was not working. So when I was actively involved in anti-nuclear movement, I arrived to this tent and visited every day at that time. I am working lately so I only visit on weekends and New Year holidays. I became anti-nuclear about twenty years ago and found this tent after. I did not enter here for the first starting month because it looked a bit scary, or hard to enter. But I was asked to help the sit-in protest so that was the start of becoming involved in the tent occupation. I started to frequent the tent every day. And couple years ago, I returned to my job so then I come here on weekends.