難波 宏 / Hiroshi Namba #3

――入ってくる情報の少なさに関してはどう思いましたか。

難波:あれに関しては間違いなく情報統制されているなと。それは間違いないと。あの頃のテレビや新聞は大した問題ではないと言ってて、はっきりいうとタバコの喫煙の害よりも放射能の害のほうが少ないと言っていた。まず一つは情報統制というかそういった情報が流れていることと、我々の心理として日常生活を守りたいという大衆心理で、あまり騒ぎたくないからそういう情報に飛びつくと思います。でも一つ確かなのはやっぱり情報統制があったのは間違いないと、その結果であることは思います。



―What did you think about a lack of information?

Namba: I really thought the info was under control. There was no doubt about this. TV and newspaper at that time said radiation in Fukushima was not a big deal, tobacco was more harmful. One thing is that that kind of controlled information is going through and as we tend to believe that kind of information as we do not destroy our calm daily life. However I strongly think that there has been a bad consequence due to this.