難波 宏 / Hiroshi Namba #4

――知り合いの方に、テントの活動とか難波さんの考えとか言ったりするんですか。

難波:知り合いとかは、例えば市民運動している方に一応原発反対としてテントに行っていると言っていますね。

――市民運動に関わっていない方には言ってますか。

難波:あんまり言ってないですね。やっぱり原発に関しての問題は立場的にいろいろ問題があるから、例えば職場なんかで原発にかんして思いっきり論議することにはやっぱり踏み込めないなと思います。そこでいろいろ人間関係的にもいろいろ揉めてもしょうがないしね。例えば市民運動やっていない同級生たちとかで話があう人もいる。というか、あんまりみんなそういうこと論議しないって感じだな。


―Do you talk to your friends about the tent or your opinions?

Namba: For example to people who do civil movements I say I go to the tent as anti-nuke movement.

―How about to whom do not participate in civil movement?

Namba: I rarely tell them. It will be hard to discuss this matter at one’s job place as there are lots of positions and views. Also It would be meaningless to quarrel there. For example, people who do not participate in civil movements get together and get along well. Anyway, they do not seem they like to talk about it.