INTERVIEWS-ママの会の構造

投稿日:

Interview Clip 1: N san


※すべての動画は字幕つきでご覧いただけます。動画右下に現れる歯車のアイコンをクリックして、字幕をONにしてください。
All the videos have Japanese/English subtitles. Click the gear wheel icon at the right bottom of the video and activate the caption.

そうですね、一応、支部っていうよりも、まぁSEALDsさんと一緒で、もう本当にその立ち上げた人が、立ち上げた人って言うか、なんていうんだろう、@どこどこって形でやってる人は、別に全国のママの会っていうか、事務局の人に、何々したいんですけどいいですかとかいうなんだ、許可制とかじゃなくてもう、勝手にやってくれていいみたいな形で、勝手にっていうかみなさんで、自主的に取り組んでくれたらいいっていう形でやってるので、「だれのこどももころさせない」っていう、本当にそれだけで、本当にママの。。。皆さん本当に各自でされてるんですけど、各自でよかったいい方法は、一応共有するみたいな形をとっている感じですね。

Actually they are not like “different branches”, but just as SEALDs, the person who started each @wherever (local group) did not need to ask anyone including the executive office for permission. We can do whatever we want and everyone is allowed to work on autonomously as long as as long as we agree with the slogan “Let no one’s child be killed”. So, everyone is working individually but whenever we find a good way, we share it with others.

Interview Clip 2: H san


※すべての動画は字幕つきでご覧いただけます。動画右下に現れる歯車のアイコンをクリックして、字幕をONにしてください。
All the videos have Japanese/English subtitles. Click the gear wheel icon at the right bottom of the video and activate the caption.

発起人は西郷さんですけど、西郷さんは代表ではないので、で事務局が本体にあってその中で話し合ってママの会本体、全体としての企画は考えますね。で、あとは各地域にあるママの会については各地域で中心になってる人が考えているので、別に上からこれをしなさい、とかそういう指示は何もないです。なので事務局で企画したイベントとかでも、どこから何人が参加しろとかは全くないですね。参加できる方参加して下さいとか、こういうの企画したいんですけれどどう思いますか、とかそういう形でやっているので上から何か下ろすとかそういった形のものは一切無いと思います。(じゃ、結構平等な感じ。) そうだと思いますね、平等、そうまあ、その人の力に応じた事をやりましょうって。平等って言うとやっぱり日本人ははき違えちゃうと思うんだけど、何でも同じなのが平等って日本人思いがちだと思うんですけれど、そうじゃなくて、その人ができる事をきちんとできる時にやるっていうのが平等だと思っているので、ママの会っていうのはそういう組織かなって思っているから誰かに押しつるとか出来ないっていうことをやってとかって事は言わないって言う風にはしていますね。その人が出来る事を目一杯やっていればそれが平等なんじゃないかなって思います。

The originator is Mrs. Saigo but as she isn’t a representative, we have an executive office were Mothers against War’s plans in general are discussed and scheduled. About the different branches of Mothers against War at a local level, the people in charge there are the ones who decide, it’s not like they are receiving any instructions. In the same way, when planning events in the executive office, in any way we are giving orders. Instead that we say “If you can, please, join” or “I would like to try this kind of event, what do you think?” As we are doing this, I don’t think there is a superior-subordinate relationship in any way. (Then is quite equal, right?) I think so. Equal. Well, a person doing what that person can. Japanese people tend to mistake the meaning of the word “equal” as “the same”. Is not like that, I think that “equality” is letting a person do properly whatever that person can and whenever that person can. As Mothers against War is that kind of organization, we decided not ordering anything or asking to do impossible things. As Mothers against War is that kind of organization, we decided not ordering anything or asking to do impossible things.

Interview Clip 3: S san


※すべての動画は字幕つきでご覧いただけます。動画右下に現れる歯車のアイコンをクリックして、字幕をONにしてください。
All the videos have Japanese/English subtitles. Click the gear wheel icon at the right bottom of the video and activate the caption.

@神奈川のほうが発足していたんですけども、どうしても横浜まで子供を連れて行くことになると結構大変でもあったりするので神奈川のほうでなかなか参加はしてなかったんですね。どちらかって国会前にちょっと一人で行ったりとかというところで、、ですね。はい。(その綾瀬大和が形をとったのはいつごろですか?)昨年8月末に立ち上がりまして、、(そこはSさんは声をかけて、、)そうですね。えっとで、大和に住んでいるお母さんと偶然Facebookで繋がって、で、なかなか、遠方まで参加できないママたちが多いからっていうことで、地域の中でさあ始めようかということで、、はい。

@Kanagawa was already established but going all the way to Yokohama with the children is quite a handful. So I could not attend @Kanagawa very often. Instead, I occasionally went to the National Diet by myself. At the end of August, 2015, @Ayase-Yamato was founded. I got acquainted with the other mothers living in Yamato on Facebok by chance, and we found the same problem of going all the way to participate in an activity. Then we decided to start ours locally.

Interview Clip 3: K san


※すべての動画は字幕つきでご覧いただけます。動画右下に現れる歯車のアイコンをクリックして、字幕をONにしてください。
All the videos have Japanese/English subtitles. Click the gear wheel icon at the right bottom of the video and activate the caption.

ほぼ同時期だったんで、なんかどっちが先みたいなのがあんまりないんですけど、なんかそれはそれ、こっちはこっちみたいな感じではあるんですけど。ママの会@東京のメンバーですみたいな気持ちがそこまでまだこう芽生える前に調布を立ち上げたんで、私としては思いは調布を頑張るっていう調布の方で頑張ろうっていう気持ちの方がまぁ強い、強い感じなんですけどただあまりにこうなんだろう違うんですよ人数ももちろん全然違うし、やってることの規模っていうか、なんだろうこう、活動しているレベルっていうかが、全然違うし、参加してる人たちのなんだろうこう知識もレベルも全然違うんですね。だから私はこっち(@東京)にいたら吸収する方。ただもう本当に東京の方ではただ聞いて吸収して、あっそうなんだっていう現状を知りつつ、こういうこともできるんだっていうなんかお手本みたいな感じで参加させていただいてて、それもこっち(@調布)に持ち帰って、こっちでそれをこうおろしていけるような何かができるかな、こっちを参考にしてこっちでもなにかできるかな、調布の方でもできるかなっていう感じでどっちにも関わってます。はい。

It happened almost simultaneously and I am not really sure which branch was first. But I feel @Tokyo and @Chofu are the different things. I established @Chofu before regarding myself as a member of @Tokyo for sure, so I kind of try to work harder on @Chofu personally. However, they are too different such as the number of participants, the scale of what they do, and the overall level of activities. Also, the participants’ knowledge and level are different. So, at @Tokyo, I am in a position to absorb. I just listen and get to know the current condition, from which I learn what we can do. @Tokyo is a kind of role model. Then, I try to bring the ideas back home to @Chofu and excercise them, that is how I belong to the both branches.