INTERVIEWS-ゴール

Interview Clip 1: T san


※すべての動画は字幕つきでご覧いただけます。動画右下に現れる歯車のアイコンをクリックして、字幕をONにしてください。
All the videos have Japanese/English subtitles. Click the gear wheel icon at the right bottom of the video and activate the caption.

皆絶対誰かにちゃんとトイレ行ける様にしてもらった、ご飯を自分でちゃんとお箸で食べれる様にしてもらった、そこまで付き合ってもらったはずだから、どんなに戦争したがっている人だって、あなたも同じ道を通ってきてるはずだからっていうのが皆ママの会のフレーズの出てきてる所じゃないのかな、と思って。それは凄く、そこに反応して皆集まったんじゃないのかなって思う。で、それが強みと言うか「誰の子どもも」って言い切れるのは、皆どんなに裕福でもアレでも結局子どもはお金をかけてもトイレはしてくれないから誰かが根気よく付き合っている時期があるので、そういう所から来る強みと思うんですけれども分かります?

The strength in Mothers against War is in their slogan “Let’s no one’s child be killed“ because absolutely everyone has been taught how to use the bathroom or how to use chopsticks by someone. As someone has gone through all that with you, no matter how much you want war you have walked the same path. I think that’s the point of Mothers against War’s slogan. I think that everyone reacted and gathered thanks to that. So, the strong point is that they can assert “no one’s child (every child) “. No matter how prosperous or poor you are, or how much money you pay, your children can’t use the bathroom. Someone is going through all of that persevering by their side. I think that’s where the power of the slogan comes from.

Interview Clip 2: NM san


※すべての動画は字幕つきでご覧いただけます。動画右下に現れる歯車のアイコンをクリックして、字幕をONにしてください。
All the videos have Japanese/English subtitles. Click the gear wheel icon at the right bottom of the video and activate the caption.

子どもを持つと、持ってから、ほかの子どもが泣いているのも自分の悲しみのように感じるし、他の国の子どもが、シリアの子どもが爆撃されてるのを見れば自分の痛みのように感じるほど。自分の子どもの顔になるんですよね。その子が自分の子だったらってすぐ変わるっていうか。だから思いはすごく強くなって、その人のお母さんの気持ちもすごくわかるし、だからなんだろう、自分事として強くなったっていうのと、後はなんか、昨日、この前も街頭署名活動してたらそこで1人の方がね、その人は賛成なんですって。そしたらねぇ、あんたたちこんなことをやってる時間あるならね、もっと他のボランティアやればいいじゃないって言うんですよ。えーっと思って、だから、だけど、私にとってその後ちょっとそれが引っかかってて、どういうことかなぁと思ったけど私にとっては今、子育ての延長でこれやってるんですよね。自分に時間があって、誰かを助ける時間があるからやってる、っていうのではなくって、もうこの、ここで戦争になったりしたら、戦争するしない、今止めなかったら、これ自分の子どもにかかってくるから、自分の家族の問題として扱ってるんですよね、レベルとしては。自分の家族の外の問題じゃなくて、これは自分の家族の問題として、すごく高い順位になってて。余力があるから家族以外の誰かを助けに行くっていうレベルじゃなくって、これは家族の中の問題になっているっている。

When you have children, even when you see other child crying, you feel it as your own sadness, even children from other countries. Seeing children in Siria being bombed feels as my own pain. It becomes the face of my own child. If you think that could be your child it changes suddenly… That thought became stronger, as I really can understand the feelings of those mothers. So, how should I put it? I began to feel it as my own business. Yesterday, when I was collecting signatures (against changing the Constitution), one person told us he was in favor. And then he told us “If you have time for this, shouldn’t you be doing any other volunteer work?” I thought “Well…”, but that remained in my mind and I continued wondering myself about it. For me, I’m doing this (activism) as an extension of child-rearing. I’m not doing it because I have time to save someone else. If a war begins now we will have to decide if we join or not, if we don’t stop it right now. As it will affect my son, I’m dealing with it as a family problem. Not as a problem outside my family, but inside. So it has a very high priority order. It’s not a problem I am dealing with because I have spare energy, but a problem of my own family.

Interview Clip 3: MM san


※すべての動画は字幕つきでご覧いただけます。動画右下に現れる歯車のアイコンをクリックして、字幕をONにしてください。
All the videos have Japanese/English subtitles. Click the gear wheel icon at the right bottom of the video and activate the caption.

日頃ずっとその原動力になってるのは男の子でしょう。先ここに来る時も言ったんだけれども、、徴兵っつったら一番にとられるわけじゃないですか。それは女性もね、知らない内に徴兵というか、、兵じゃなくても、、何かの看護師さんだったら医療班に取られたりとか、、運送会社だったら運搬、、兵器を運ぶと言うのに知らないうちにそこに入ってるって言うことになるって訳になるだから、男の子だと直に来るわけでしょう。で健康だし、スポーツもやっててなったら、1番先に取られるのを男の子だって。内3人とも男の子だし、孫も男だった、、なったら、もうね、早くに分かってたんでも、お腹にいるときからずっと、、去年じゃないや、、10月とか9月とかそのくらいからずっとわかってたのでまた男だよ。どうしてもだから廃案にしたかったんだけれどもそれもダメだったからもうばあちゃん動くしかないみたいにどんどん原動力はそこですよ。

My everyday’s driving force is… (my sons) are male, right? I also mentioned it on our way here. If we have conscription, they are the first ones to be taken away, aren’t they? Female too. If not for the army, for example, they can be taken away for the medical team if they are nurses or if they work in a shipping company, they can be taken away for weapon transport before you notice. But males are taken away directly. And they are healthy and play sports…males are the first ones to be taken away. My 3 sons are male, and my grandson is a male too.We knew it beforehand… before he was born, from September or October. As we knew it I thought “a male again”. So I wanted the Anpo bill to be rejected, but that was impossible so I thought “Grandma has to do something about this”. And that’s my driving force.