那波かおり / Kaori Nawa (2014.11.21) #2

――デモはかおりさんにとって何ですか…?(???雑音)

那波:ひとつは自己満、自分を満足させるため、まあ自己満足って言っちゃうと誤解を生むかもしれないけど、今こういうことをしないと、すごく先々未来の自分がそれを悔いるだろうって思うので、後悔するだろうと思うので、あの、自分の気が済まないから行くってことがあります。で、もうひとつはさっき言った世の中が少しでもましになるようにという、それは人のためですよね。望まれて、それを望んでいない人もいるけど、自分が思い描く幸せに生きていって欲しい人たち、それけっこう多いんだけどその人たちが少しでも笑って生きていけるために、何か自分が頭数のひとつになって、やる。
それはすごく矛盾しているんだけど、運動やっている人たちとはなしていると、誰でもその2つってあると思うんですね。自分のためにっていうのと、もうひとつは全体のために。それは決して矛盾することではなくて、1つにあのまとまっていって、非常に自分はどうする、自分はどういう選択をするか、って個がindividualなとことそれからもうひとつは全体として、たとえば鳥の群れとか、魚の群れがひとつに集まって動きますよね。あのイワシとか、むくどりとか、ムクドリって英語でなんていうんだっけ、まあ鳥とか、大きな群れになって移動して、全体から身をまもりますよね。一つの生命体のようでしょ。1個1個の生命は別々なんだけど、全体としてひとつの塊として移動したり動いたりすることによって大きなメリットがあるじゃないですか


―What is demo to you, Kaorisan?

Nawa: One thing is self-satisfaction, to satisfy myself, well, if I say self-satisfaction, it might lead to a misunderstanding, but if I don’t do this now, the me in the far, far future would regret it, I think, so, as I think I would regret it, well, I feel uneasy, so I go. And one more thing is what I said before, in order for the world to become a little better, that is for the people. There are people wishing for it and people not wishing for it, but the people I want to live in the happiness I am thinking, drawing, that is rather big, but in order for those people to be able to living just laughing a little, somehow I become one among the numbers and do it. It’s contradictory, but the people doing the movements, everyone has those two [reasons], I think. For oneself and one more, for the whole. That is not contradictious at all, but one thing I, well, acknowledge is hijouni what do you do, what choice do you make, that is the individual part, and the other is the whole, for example, a bird swarm or a fish swarm gathers as one and moves. Well, iwashi or mukudori, what is mukudori in English again?, well, birds etc become one big swarm and move, they protect you as a whole. Like one fate, right? The fate of every single one is separate, but as a whole, as one soul they move, and by that there is a big merit, isn’t it?