那波 かおり / Kaori Nawa (2014.11.21) #5

那波:1個にまとまるの大事だけど、そういう意味ではシングルイシューって大事なことで、それまでは左翼の考えは戦争反対だし、沖縄の基地を作らない、反原発、いろいろな意思をまとめて、左翼があったようなそういうイメージだったんだけど、あの反原発の運動をするようになってから、そのシングルイシューに賛成できるようであればデモに参加できるっていう形になってきている、それがすごくいいことで、あんまり右も左も関係なく、この問題に対して、声をあげたいから行く。そのあまりにも3.11以降反原発っていう意思がすごく大きかったからだからたくさん集まったけれども、今いろんな問題にあの反ゲンシイズムとかもうそうだし、アンチファシズムもそうだし、いろんなとこに分散して、移行していて、そんなに最初に言った、ちょっと趣味が合わなくても、自分の心に合わないことがあっても我慢しようって思ったけど、だけどそれを続けていくうちに自分はこれをやりたいだとか、やりたいとかって分かれてきたと思うんですね、私だけじゃなくて。だからそれぞれの場所でお互いをいいながら自分の方針で動く、それはいいと思うし、そうしないと分断すると思います。


Nawa: It’s important to acknowledge it individually, in this sense a single issue is important, until then, the left’s thinking is against war, they don’t make Okinawa a base, they are against nuclear power plants, acknowledge various opinions, it was my impression that they were left, but when I started to do the no nukes movement, it became the shape that if you can accept the single issue, you could participate in the demos. That’s great, left or right doesn’t matter, concerning this problem, you want to raise your voice, so you go. After 3.11 the no nukes opinion was so big that many gathered, but now there are various problems, well, like…anti-fascism, various things…move, what I said at the beginning, even if some interests don’t fit, even if there are things that don’t fit with your heart, I thought I should endure it, but while continuing it, I realize I want to do this, I think, not only me. That’s why in various places while talking to each other, we move according to our own way, I think that’s good, and if you don’t do it that way, you analyse it.