片山 薫 / Katayama Kaoru #2

―お父さんのサポートとか?お忙しいですよね、市議会員?

片山:そうですね、なかなかあまりこう、家事をになっちゃってもらってるんですけどほとんど。なので、うちの上の子がちょうど高校に入ったときだったんですけど、高校が農業高校だったんですね。で、やっぱり土仕事しなきゃいけないっていうことがあってかなり学校と話し合いましたね。で、いろんなものを農作物作るのでじゃあそれを測定をしてほしいということをかなり言ったりとか、あと調布のほうに農場があってそこでシイタケ作ったりですね、シイタケはこれは絶対測ったほうがいい。しかも原木もねどんなのか測ったらいいとかタケノコも作ったりあれだからその土を測ろうとかいろんなことをして結構測らせてもらったんですね。うちで預かってうちから測定室出せばってことでタケノコ測ったりシイタケ測ったりしてでちょっと出たりとかしてたから、じゃあこれはちょっと生徒にはあげないようにしようとかね。そういうことはしました。あとお茶からも出ちゃったんですね。茶畑が府中にあってそのお茶の葉っぱからかなり高濃度が出たんです。で、それは学校でPTAに呼びかけてちゃんと報告会みたいなの開かれたりとかしてやってましたけど。それからうちの連れ合いにPTAに入ってもらっていろいろこうできるだけね、農産物を今は測定しなきゃダメなんだとか、いろんなそういうことを一生懸命伝えてもらってるんです。だから彼は3年間PTAやったんじゃないですかね。役員やってました。で、連れ合いは、放射能の測定室にも入ってもらってですね、まあ測定員までにはなってないけど会議には来てもらったりして勉強してもらってる感じです。で、子供たちとそうですね彼も含めて福島原発告訴団にも入ってもらって、子供たちには陳述書も書いてもらいましたね。でやっぱり告訴人になるか告発人になるか選んでもらってね、自分はどういう気持ちだったのかっていうことを書いてもらったらやっぱりこう被害者だっていうちゃんと自分のね気持ちを書いてくれたんです。で、原発っていうのはこうなんじゃないかとかね、いろんな事故に対しての思いを書いてもらって告発人としてちゃんと登録してもらったという感じですね。
だから同じように同じ活動について一緒にこう理解しながら一緒にやってきているという感じがします。


―Is there any support from your husband since you are busy working as a member of municipal of assembly?

Katayama: Yes, my husband does the housework. So, my elder child entered the agricultural high school. Because he had to work touching soil there, we talked a lot with school about that. We said that we want school to check the agricultural products students grow. There was a farm in Chofu where students grow mushrooms, so we asked that those should really be checked (because mushrooms have a possibility that they involve a high level of radiation). Adding to these, I thought that raw lumber and the soil for the bamboo shoot should also be checked, and finally we checked so many things. I recommended to school that perhaps it is better to first keep the food at my home and then bring them to test chamber. Then, we checked the bamboo shoot and mushrooms, and we agreed not to give them to students when these products showed the sign of radiation. Also, the tea leaves in the tea garden in Fuchu showed the high level of radiation. There was a report meeting by calling out PTA of the school. So my husband joined the PTA to play the role to suggest everyone that the radiation of food should be checked, and same kind of things as well. Then he became one of the officials in PTA. He wasn’t a member of those who work in test chamber but went to the chamber to measure radiation, and goes to meetings to study about it. So, I had my husband and children join in the Complainants for Criminal Prosecution of the Fukushima Nuclear Disaster and write a statement. I let them choose whether they want to be an accuser of a plaintiff. When I told them to write what they felt, surprisingly they wrote that they are the victims by themselves. Then, they continued writing about the nuclear plants and about feelings towards the various accidents. After that, they are registered as plaintiffs. So, we are doing activities sharing the same understandings each other.