森園 かずえ / Kazue Morizono #1

森園:分かってないと思いますよ。だから、私本当に反省しましたけど、皆そうだと思いますよ。昔から25年前30年前40年前から現地で反対活動してきた方以外は全く。ましてや、国がやる事、県がやる事、市がやる事が間違っているはずがないって。 私たちのためにならない、私たちを見捨てることはないだろうっていまだにいってますからね。それは年齢差がありますけど、言ってますからね。
事故後は信用することはなかったです、テレビ、新聞の報道は。ここで暮らしていたんですけど、それよりもインターネットや仲間、原発いらない福島の女たちの情報とか、いろんな集会とか講演会とかそういうところでの情報のほうが自分の中ではすとんとおちるものがあって、納得できて、それと照らし合わせたときに、あ、嘘じゃん。あと東電に関しては、2か月後3か月後に事実をのべる、それも事実かどうかわからなかったので信頼はないですね。海外からのをちゃんと訳してくださった方が、こういうこといってるよっていうの聞いて、あ、こういうことなんだって。あと現地で政府交渉とか権交渉とかに参加したときにひとりひとりいってることをつなぎあわせていく。この情報は嘘だったんだって確認したりとか。
当時、風向きの情報とか、海流の情報とか、どこでしたっけ、フィンランド、スイス?ドイツも出してくれましたよね、あれを毎日開いてみてましたよ。今日も窓を東側を絶対開けなかったんですね、第一1Fがあったので、北側が開けていい日がちょっとあったらあけたりとか、南側開けていい日はとかでも2年間は全く窓開けなかったですね。


Morizono: I don’t think people know about nuclear plants. I really regretted that I had not tried to learn anything about it, but I think everyone, except those who held anti-nuclear movements 25-40 years ago,  is almost the same. People still thinks it’s impossible for the Japanese government to bail on the Japanese citizens. They believe what the government is doing is right, even though I can see the existence of generation gap. I did not believe anything on television or newspapers after 3.11. I could believe what I saw on the Internet, or heard from lectures or group members, and I could tell the information provided by government or major media is not true. As for TEPCO, they told the “truth”, I doubt it is true story though,  two or three months after the accident, but I do not believe them. I rather rely on foreign media, and sometimes read some articles which my friend translated into Japanese. Also I try to find the truth by collecting voices from local people when I go to demos. After 3.11, Finland, Switzerland or Germany provided the information about the direction of the wind and ocean; I used to see those every day. I didn’t open windows today, considering the direction of the wind. I had not opened the windows until two years after the 3.11 happened.