藤山 顕一郎 / Kenichiro Fujiyama #1

藤山:当初福島に対する最大限の、なんていうか、支援というか、あのーヒューマニズムね、被害を受けた人に対して援助するという、基本的なまあ、キリスト教的な博愛主義みたいなことに基づいた心配が世界中にあったにもかかわらず、それをそのー、あまり報道しなかった。今も報道してないけどね。広島、長崎よりも有名な福島っていう、チェルノブイリよりもスリーマイルよりも、まあ、すごい現実に起こった人類に対する悲劇としての、あのー事故に対する認識が、世界中で高まっているのにもかかわらず日本国内ではそのことがあまり報道されなかった。今も報道されていない。


Fujiyama: Even though at first, Fukushima received the humanism based “maximum support” or the world’s attention of Christian idea of philanthropism, Japan did not broadcast it inside the country (or to the outside). It still does not. Fukushima, which is more famous than Hiroshima and Nagasaki (where it was bombed by the Atomic bomb), and even more famous than Chernobyl disaster and Three Mile Island accident, did not get broadcast in Japan. It is not even now. Even though it is increasing the world’s attention of being the tragedy of the present reality.