藤山 顕一郎 / Kenichiro Fujiyama #5

――私たち、ウェブサイトを通して少しでもおおくの人たちに発信していきたいなとおもっているんですけど、なにか最後に伝えたいメッセージがあればお願いします。

藤山:考えよう。あらゆることに対して好奇心を持とう。音楽でメッセージを伝えることはすごく重要だし、できれば楽しくね。原子レベルで地球的な危機に陥ってるけど、これは深刻に考えたほうがいい。次の世代に影響を与えることなので、これから奇形児が生まれてくる可能性がある。そういうことを防ぐには自分たちが行動しなければいけない。いけないことに関してはっきりと物を言い、その世の中が訪れる前に因子を取り除いてほしいと特に若い皆さんに思いますね。そういう行動の媒体としてインターネットがより効果的に使われることが重要だし、コラボレーションというかお互いのメディアを互換しあうこと。だから複雑な世の中だからこそ、聡明な洞察力と頭を使うということ。押さえつけられた知識ではなく、自分の方から発信していくね。


―Finally, as we are trying to send this message to as many people as possible, do you have something to say in particular?

Fujiyama: Think, and be curious to various things. For example, sending message by music is important, especially while enjoying. The fact that the earth is endangered by the radiation have to be considered in more serious manner. This is something that can affect the next generation as to bare a deformed child. In order to prevent this, we have to take action. I want the young people to speak clearly what is wrong, and to take out the problem factors before it becomes too late. As a medium for those actions, various medias and Internet should be used effectively. Because it is a complex society, we have to observe carefully and use our mind wisely. Make sure not to believe in information you are forced to, and to make arguments from your own words.