玉中 恭子 / Kyoko Tamanaka #4

「檻の中で囲われているような」

――なにか活動していて危険なめだったり批判とか圧力とかっていうものありますか。

玉中:機動隊とかすごいからね。デモとかに行ったら。私なんかいつもね、なんでこ­んなバリケード。市民がちょっと行動しているだけなのにね、なんでこんなにバリケード­しなければいけないのっていつも思うんだけど、結局彼らも上司に命令されてやっている­ので。隊長呼んでよっていつも私なんか言うんですけど。そういう人が来ても言い分は聞­くけども、聞くだけで、実際には解除しないから。結局私たちは危険人物みたいな扱いを­されているわけよ。檻の中で囲われているような。


“We are kept behind a bar”

―Was there a situation where you felt any danger, criticized or oppressed?

Tamanaka: The riot squad is horrible when we go to demonstration. I always see the barricade. It’s just an action by the citizens. I always wonder if they have to do this much but those people are ordered by their boss. I usually say to them to call their boss but he will just hear me talk and never remove the barricade. They treat us like we are dangerous. It’s like we are kept behind a bar in a cage.