ミサオ・レッドウルフ / Misao Redwolf #1

――No Nukes More Hearts はどんな活動をされているんですか?

レッドウルフ:もともと2007年に、ちょうどその頃、坂本龍一さんがストップ六ヶ所を立ち上げたり、鎌仲ひとみさんが映画作ったり、とかしていて、そういうので、若い人たちが反原発運動に入ってきたんですね。でその頃の時期に始めたもので、主に集会デモ。私はとにかくデモに集中してやってきて、活動他にもいろいろあるじゃないですか、署名とか、ロビーイングとか。じゃなくて私はとにかく圧力をかけていくってことをしないといけないので。

――政治にですか?

レッドウルフ:そうですね。政治家とか、政党とか、政策に対して。でそのためには署名とかも、1000万人アクションとかもすごい集めたりとかしてて、それもそれですごいですけど、結局署名って、私も何回か提出するところ見てるんですけど、いっぱい集まっても箱に入って目の前で紙として渡されて、本当はそこに何万人とか何十万人の人のあれがあるのに、やっぱりそれって響かない部分があるでしょ。ただそれをやっぱりその署名してる数がそのまま人間がばーっといて、今は、官邸前でやってますけど、そうやって目に見て可視化されるほうが絶対精神的にプレッシャーになると思うんですよ。抵抗されてる側の人たちが。やっぱりそういうところ。


―What kind of activity does No Nukes More Hearts do?

Redwolf: In 2007, the musician Ryuichi Sakamoto started Stop Rokkasho and Hitomi Kamanaka produced a film, and like that there were young people in the anti-nukues movement. That was when I started demo rally. I have been focusing our activity on demo. You know there are other things you could do, like collecting signature and lobbying. But I really do believe that we need to put a pressure.

―On the politics?

Redwolf: Yes. Also politicians, political parties, and policies. In order to do that, collecting signature like 10,000,000 People Action is doing is great. But I’ve seen how signature is handed in and even though there are so many signatures there, it just papers in a box. That doesn’t have that much of an effect sadly. So if there are that many number of people in front of them, now it’s Kanteimae, it’s better because they can see it with their eyes. I think that could mentally pressure those who are being protested.