ミサオ・レッドウルフ / Misao Redwolf #2

レッドウルフ:あとやっぱり間接民主制が機能してないと思うんですよね。結局、あの今なんか脱原発世論、ほぼ7割以上はそうでしょ、下手したら8割9割の人が段階的も入れて、原発はいらないと思っていて、それがなんで国会に反映できないのかって、これはもう完全に議員がちゃんと吸い上げてないわけですよ。それはまあたぶん政党政治の悪いところがいっぱい出てるわけなんだけど、まあそういうので私としては、ある意味政治に期待していないっていう部分がベースにあったので、やっぱりそういうようなことでで民意を可視化していって、そういうものに対して圧力をかけたいっていうのがある。
ただやっぱり、2011年の事故以前はなかなか反原発運動に人が集まらなくて、ただまあNo Nukes More Hearts一回目の、えっと4回くらいやってるんですね、3.11前に、1回目はけっこう集まって、2000人くらい集まって、野音でやったんですけど。当時としてはすごい、組合以外のそういう反原発の集会デモにしてはけっこう打ち上がった感じで、そのフィールドでは、まあ有名だったんですけど、その反原発をシングルイシューでやってた人たちの間では。


Redwolf: Also I think representative democracy is not working. Now I think more than 70% or maybe 80 or 90% of the public opinion is against the nuclear power plant. And the reason why that is not reflected to the Diet is because the politicians are not listening to what people are saying. Well there are bad definitely bad elements of party politics that are affecting the process. So I am not really expecting that much from the politics anyways to begin with. That is why I feel the need to make the people’s voice visible and put pressure on the politics.
Before the accident in 2011, there weren’t that many people in the anti-nukes movement but 2000 people came to the first demo of No Nuke More Hearts organized, that was before 3.11. At that time, a demo that wasn’t organized by any labor unions was very novel and became kind of a sensation among those people in the anti-nukes movement.