ミサオ・レッドウルフ / Misao Redwolf #4

――デモっていうのはいつまで続くと思われていますか?

レッドウルフ:当面やっぱり、私たちとしては原発の政策が改善されるまでが一つのめどで、ただ、自民党政権になって悪くなったでしょ。民主党のときは、その官邸前だけではなくて、全国の運動が反映されてて、一応ゆるやかに段階的に脱原発の方に舵をきったのに、自民党になってからエネルギー基本計画2030年に原発ゼロを撤回して、原発を重要なベースロード電源に定めるってしたので、今回も川内原発の再稼動を鹿児島県に要請するときも、小渕さんが経産省だったときにレターがきてて、四項目くらいお願いの下に、その中の三項目の中にエネルギー基本計画、ベースロード電源に、これに沿ってって、やっぱり縦にしてるんですよね。まあやっぱりエネルギー基本計画の改訳ってことで、戻っちゃったので、いま本当に今年、特に今年は本当に厳しい。


―How long do you think demo will last?

Redwolf: By the time the nuclear power plant policy gets better. But it got worse after the administration changed to the LDP. When the DPJ was in power, not only Kanteimae but also protests all over the world were reflected in the politics and they decided to slowly shift to no nukes future. But when it changed to LDP, they abandoned the no nukes from the Energy Basic Plan 2030, instead decided to designate nuclear power plant as an important base load power plant. So when they requested Kagoshima Prefecture to restart the Sendai Nuclear Power Plant, they included the base load plan in one of the four categories of the request. So it’s back to where we started. It’s coming to the hardest point, especially this year.