中村 由美 / Yumi Nakamura #5

中村:2年前の夏が、金曜日に10万とか集まっていたので、20万とか。10万20万と比べると今は100分の1くらいになっていますね。人数は減っています。だけど、なんていうかなーあの場所っていうのはあの、私も川内原発とか鹿児島とか、福島とかにいったんですけれども、そこで、原発に反対する活動をしている人たちは毎週金曜日に東京のおかえり地蔵の前に集まる人たちがいるっていうのが、なんていうかなー灯台ってわかりますか?あの船に乗っているときにあそこが陸だなっていうサーチライトのようにあの、あそこに明かりがある、自分たちの希望だって思って東京で??続けているから自分たちも続けようって思って続けてくれている人たちが全国に100か所以上あります。


Nakamura: Two years ago in summer, as 10 000 or 20 000 gathered on Friday, If you compare those 10 000, 20 000 to now, it has become about one per cent of them. The number of people is becoming less. But, how to say it, a place, well, I went to the nuclear power plant in Sendai, Kagoshima, Fukushima, but there, the people active against nuclear power plants, the fact that there are people gathering at Kanteimae every Friday in Tokyo, how to say it, do you understand “lighthouse”? Well, when you are on a ship, it’s like a lighthouse that shows that over there is the shore, they think that there is light, it is their hope, in Tokyo…is continuing, that is why there are people continuing in more than 100 places in the whole country, thinking they, too, should continue.