中村 由美 / Yumi Nakamura # 6

中村:脱原発杉並っていうのは反原連、メトロポリタンのそっちの方のネットワークに入っているグループだから、繋がっています。で、地元でやっているのも、ちっちゃなちっちゃな2人のユニットでやっているのも、私の友人なんですけど、彼女も金曜日にスタッフでよく行っている人なので、そういう意味では、繋がっているけど、組織としての繋がりは何もないですね。やっぱりね、原発なくしたいんだったら、金曜日のあそこに行く人たちは、みんな本当は脱原発、なくしたい人しか来ないわけですよ。でも、原発をなくしたい人たちだけで集まることも大事だけれど、やっぱり話を聞いたりすることも大事だけど、原発に関心がない人とかに働きかけることが大事でしょ。だから、あの、毎週金曜日あそこで集まる以外に、自分が住んでいる町の中で、いつも野菜買ったり豆腐買ったりしている商店街とか、娘の友達の家の前とかを通るようなデモをやったり、そういうのもやっています。両方大事かなって。


Nakamura: “Datsugenpatsu Suginami” joins “Metropolitan Coaliation against Nukes”, it is in the Metropolitan group, so they are connected. So, in my hometown, what I am doing in a small, small unit of two people, it’s my friend, but she is also going a lot as Friday staff, so in this meaning they are connected, but as organization, there is no connection. After all, if you want to end the nuclear power plants, the people going there on Fridays are all against nuclear power plants, only the people who want to end them go there. It is important that the people who want to end the nuclear power plants get together and listen to the others are telling there, but making people who are not interested in nuclear power plants move is important, right? That is why, besides gathering there every Friday, I am also doing things like a demo in the town where I live, where I pass the shopping street where I always buy vegetables or Tofu, where I pass my daughter’s friends’ houses. I think both are important.