難波 宏 / Hiroshi Namba #2

――個人的にはずっと反原発でしたか。

難波:ずっと反原発です。3.11の前から原発は核兵器につながる問題として反対だったのと、僕の知り合いの方が被爆2世運動ていうのをやっていて、ようするに被爆している子どもが体内被曝しているということですよね、原子力の平和利用はないということで反原発だったんですけど。そんな一生懸命やってなかったですけどね。転機はやっぱり3.11でした。


―Were you personally anti-nuclear?

Namba: I was always anti. Even before 3.11 I was against as the nuke can connect to a nuclear weapon and my friend had been doing children of contaminated victims movement; in other words, victims’ children are contaminated in their bodies. I believed there was no peaceful usage of nuclear but I was not that hard working. 3.11 was my turning point in this sense.