藤原 夏来 / Natsuki Fujiwara #1

藤原:原発のことが、すごくあの、自分の中で、毎日の関心ごとのなかで、大きく占めているんですけど、自分の生活とか仕事とかある中で……そんな関われない中で、私たちの気持ちを代表して、いつもテントで、あの、座り込みをしてくれている人たちに何かしたいなって思って、門松を毎年作ってます。……原発事故のあと、情報が知りたくて、ツイッターとかやり始めたんですけど、それでいろんな情報聞くようになって、テントのことが伝わってきました。


Fujiwara: The problem of nuclear power plant is one of the most concerning things for me, and as I have my own job and my daily life, I thought that I would like to do something for the people sitting in front of the tent, who are representing our feelings, so I make “Kadomatsu” every year.
I started twitter to gather more information about nuclear power plant, and as I went on, I heard about the tent.