参加学生

投稿日:

神山礼奈 Kohyama Reina

<国際教養学部3年 Junior, Faculty of Liberal Arts>

スレイター教授が3.11後から続けられているこのクラスに初めて参加して強く感じたことは、市民運動に携わる方々の思いの強さです。私たちのグループは経済産業省前にある脱原発テント広場を中心に、そこに関わる方々の声を直接お聞きしました。小さな子を持つ母親、元区議会議員、東電の株主、清掃員などバックグラウンドは本当に様々ですが、テントは脱原発という大きなテーマのもとに集まる様々な思いを具現化したものであるように思いました。小さなテントの中で熱く、生き生きと楽しそうに議論が交わされていたのが印象に残っています。実体が無くなっても、彼らの強い思いは形を変え発信されていくことでしょう。この活動を通して、社会の動きに自然と関心を持つようになりました。特に原発関連のことは、無関心な人はいても無関係な人はいないと思います。拙い技術ではありますが、私たちが切り取った彼らの言葉が少しでも皆さんの心に触れられれば幸いです。

As I participated in this course for the first time, I was able to diectly meet the protestors who were very enthusiastic and insightful. We mainly focused on people who come to the anti-nuclear occupy tent, which is located right in front of the Ministry of Economy, Trade and Industry. With various backgrounds, such as a mother of a baby, former ward assemblyman, stock older of TEPCO, or cleaning man, they all were sharing the same strong idea under the small, handmade tent. Even if the tent itself would eventually disappear, they will surely continue their action in other way. Through the interaction with them, I became more interested in social issues as what might have a direct impact on myself. Especially the issue about nuclear is clearly a problem affecting every single citizen. We translated our interviews into English so that hopefully more people outside Japan can see the current situation of Japan. Hope you enjoy it. Thank you.

寺田星羅 Terada Seira

<国際教養学部3年 Junior, Faculty of Liberal Arts>
これまでに引き続き「生の声」を残すというプロジェクトに参加してきましたが、今回は今までとは少し違ったスタートを切りました。テントに初めて行ったときは、テントでどのような活動をしているのか想像もつきませんでした。それもそのはずで、私自身、原発への問題意識が薄れていたからだということをプロジェクトの終盤に入ってようやく気づくことができました。今でも原発によって苦しんでいる人たちがいること、そしてエネルギー問題はわたしたちの学生の世代・これからの社会を担うすべての人に付きまとう問題であることを学びました。そのほかにも物事の考え方や情報収集の大切さを教えていただきました。それを参考に自分自身の意見をもって行動できるようにこれから努めていきたいと思います。このサイトも多くの方々にとって情報収集の一つとしてお役立てできれば幸いです。

I have started the project, “Voices of Protest”, differently from the previous semesters. When I first arrived at the tents, I could not imagine the activity they were doing. I finally realized after doing some interviews that the reason was because of my lack of awareness to nuclear issue. I learned that there are people who are still suffering from nuclear accident and that such energy problems are inseparable from our life today and future. They also taught me the importance of critical thinking and information gathering. I will try my best to think and act reflecting on what I have learnt at the tents. And lastly, I hope this site to be used and shared to understand various thoughts toward Japanese society and energy problems.

荒木理那 Rina Araki

<国際教養学部2年 Sophomore, Faculty of Liberal Arts>

今回この授業に参加するのが初めてです。この授業に興味を持ったきっかけは、前学期まで東北でボランティア活動をしていたことからです。始めは、単純に東北に行ってみたいという軽い気持ちでしたが、原発問題に苦しんでいる方々、悲しんでいる方々、怒りを表している方々などいろんな思いを持つ方に話を聞き、日本という国を見つめ直すようになりました。これは単に原発問題だけではなく、男女差別や労働問題などあらゆる社会問題につながるということに気付かされました。今の若い世代である私たちが変えていかないと日本は変わらないと痛感しました。そういう意味でいろんな事を知り、学べた授業であり、この授業を受けてよかったなと感じます。今後、自分が何をしたら日本の社会は変わるのかは全くわかりませんが、今私たちにできることはこのインタビューを少しでも多くの方に見てもらえることだと思い、この映像をお届けします。

This is my first time taking this class, and was interested in taking this class because of its activity to go over to Tohoku for volunteering. At first, visting Touhoku seemed simply fun, though, as I continue interviewing people with sadness, pain and anger to their situation, I began to reconsider the Japanese society. I keenly felt that this is not just about the problem of Nuclear Power Plant, but also problems such as the gender difference and labour problems.
The young generations like us, has to make actions to change the society. In that sense, I learned something more than what is lectured in the classroom, and so I am truly greatful to be in this project. Right now, my role is to deliver this videos to as many people as possible to let them know the serious situation in present Japan.