大西 旦 / Akira Onishi #1

Voices Rising from Tokyo

大西:積極的な反対ということではなかったけれども、たまたまその友達が東北にいたっていうのが、しかもその彼が住んでいるところの線量が非常に高い。それは決していいはずはないんですね。それをとにかく、僕はどこかで彼の役に立つどうかわからないんだけど、やっぱり自分が仲よかった男だから、そういうところに彼がいなきゃならないっていう事に対してやっぱり、非常にこう腹立たしさを感じますね。国は何もしない。本当に何もしてないわけですよ。たまたま彼は郡山だったんだけど、街がもう歯が抜けたように建物がなくなっているんですね。でまあ、震災後なくなったって言うんだけど。やっぱりあの、国を動かす人間がそういうことをきちんと見もしないで、机の上だけでそういうことを決めるなっていうのが、僕の発想だし。それから、まあもとを言わせてもらえば、安全ですって言っている方にとくに言いたいのは、じゃあね、とくにあのー再稼働を認めて安全だという方には、原発の近くに住んでもらうんですね。僕はこれを原発参勤交代って言ってるんだけど、ご家族の方に原発の近くに住んでいただいてくださいと。それが一番いいんです。それが安全を保障する最大の、あのー証拠になりますよね。だから、そこに行きもしなければ、住みもしない。それで被害にあった人間の、どういう生活をしているかも、全くとらえもしないで、再稼働だ安全だっていう発想っていうのが、すごくおかしい。


Onishi: It’s not that I am strongly against using nuclear power plant, but the fact that my friend lives far away and that he lives where there is high radiation rate, is what I am worried about. This is not a good thing. I am not sure how I can be a help to him, but because he is a good friend of mine, I am mad about the fact that he has to live in those kind of places. The country doesn’t do anything. It truly doesn’t. Fortunately, my friend was living in Toyama prefecture, but in worse towns, the buildings are destroyed as if one of the teeth has disappeared. I argue that the people who rule the country should not judge without actually looking at these things. Moreover, I want to say to the people who speak that the place is safe and that it is safe to use the nuclear power plant, that they should live near the nuclear power plant. I call this the “Sankin Koutai” (hostage) of nuclear power plant, and the family of those people should live near it. That is the best idea. It is the most effective proof of safety. They (government) won’t actually go and live. On top of that, they won’t understand the life of people who actually live there. Even so, ordering to use the nuclear power plant and stating that it is safe, is being crazy.