乱 鬼竜 / Ran Kiryu (2014.12.13) #1

乱:私は今までのさっき言ったけど、3・11の事態ってのは決してその、原発を推進してきた側だけが問われてるんじゃなくて、労働組合とか政党とか左翼とか市民運動とか学生運動とかそういうもの総体が問われているという意識がずっとあるわけ。で、それに、そういうものを超えるかもしれない可能性の芽が、テントの中に、初めて官邸前に来ましたとか、デモに初めて参加しましたとか、という人たちの中にある、というのが私のいわば意見というか、思いでね。そうすると、今までの東大闘争やったとか、日大全共闘やったとかいう学生運動だけじゃなくて、まったくまっさらな人たちがいっぱい来てて、あるいはまったくその頃生まれてない人たちも来てて、という形で、これは可能性があるという思いがあったわけ。

――それが乱さんの今のテント活動を続ける理由につながる?

乱:そうそうそう。だから、こんなとこに来てもしょうがねえやと思えば来ないわけだから、だって人間てのは。だけどそこは可能性があると思った。それで、そうこうしてるうちに右翼がガンガン来だして、まあ色々暴力沙汰も含めてあって。だけど私は今までの自分自身も右翼との対峙なんてのはべつに初めてじゃないから。これは絶対有名になるからもつ、つったんだ。それはさっきのあれに書いてるけど。で実際もってきたわけですよ、3年も。それはね、今までの学生運動とかなんかはすぐつぶされるけど、これだけの世論とね、多くの声があるわけだよ。あるいは日本国中じゃなくて国際的な声もあるわけですよね。実際に海外メディアなんかいっぱい来てるわけ。

――お知り合いの方とか、テントに誘ったりとかするんですか?

乱:うんだから、いっぱい、それとこの3・11後のこの反原発運動の高まりの中で、昔だから色々運動やった群馬、栃木あたりの人と、20年ぶりぐらいに会うなんての結構あったね。

――ビラ配ったりっていうのも…

乱:だから私は基本的にほら、筵旗に川柳書いたりして、銀座デモとか官邸デモとかやってるけど、あ、川柳句集あげてなかったっけ?あとであげるね。

――なんかあの通行人の方々とか、外部の方々とかっていうのは…

乱:だから今までの学生運動とか左翼運動なんかにはなかったものがあります。逆に言ったら事態はそれぐらい深刻なわけよ。だって労働組合運動っていうのは労働組合の外にいる人は極端に言えば関係ねえやって話になるし。学生運動は学生じゃねえから俺は関係ねえよってなっちゃうでしょ。あるいはほかのジャンルのテーマだって自分は当事者じゃないから関係ないって話になるじゃん。だけどこの原発、放射能っていうのは年寄りだろうと、子供だろうと、女だろうと、男だろうと、あるいは人間だけじゃなくて、犬猫も様々な問題に関るから、決して無関係な人いないわけですよ。無関心な人はいたとしても無関係な人はいないよ、誰だって。


Ran: There is a sense of unity involving labor unit, political parties, left wing, civil movements, student movements, behind the nuclear power before 3.11. Not just those who had been promoting nuclear power. In the tent, I see a possibility of exceeding such complicated thing in the minds of those who have first come to tent or demo. There are a lot of new people coming. No experience of participating a demo or movements. Or those who were not born in the (Chrnobyl?). And I thought it has a potential.

―Is that the base of your activity at the tent?

Ran: Yeah yeah yeah. Indifferent people won’t come. They are humans. But there’s a possibility there. Then the right wing started becoming active, including some violence. But I have experienced in facing the right wing. I thought this tent would be famous. As I wrote in that earlier. In reality this tent has been here for 3 years. Student movements in the history have been stopped immediately, but now there are many public opinions and voices to support us. Not only in Japan but internationally. In fact we have many foreign media.

―Do you invite your friends to participate in the activity at the tent?

Ran: I have seen people from Gunma and Tochigi for the first time in 20 years in the increasing anti-nuclear movement.

―you are handing off leaflets…

Ran: I basically draw a tent on a white flag. Ginza demo, Kantei demo…oh did I not give you? I will give it to you later.

―How about the passerby and people outside?

Ran: The situation is serious. Because labor movements exclude people outside of labor unit, and student movements would not include non-student. Or even in other theme, if you’re not in the category you’re not be involved. But this problem of nuclear power, radiation is covering older, children, women, men, or not only humans but dogs and cats. So there are nothing not related to this issue. Even though there was a indifferent people, they are certainly not unrelated.