乱 鬼竜 / Ran Kiryu (2014.12.13) #3

――テントに来たっていうのも要するに情報収集する活動の場みたいな?

乱:だからテントは宗教団体とかがやってるんじゃないから、まあ考え方もものすごい幅広い人たちが来るわけだ。あるいは地域的にも全国から世界から来るわけでしょ。まあいろんな話が聞こえて、それを選択するのは一人ひとりの主体的判断でいいと思うわけですね。だから若い人は年配の人から話聞きに行ってやっぱり参考になったなっていうのもあるだろうし、福島の人たちの話を聞いてやっぱり思った以上にひどいなとかね。大変だなとか思うこともあのひとつ大切なことだと思うのね。そういういろんなテントはことがあるから、やっぱりあの小さい力だけど非常に生きた存在だと思いますね。

――乱さんにとってあのテントはご自身にとってテントはどんな存在ですか?

乱:うん、だからあの亀谷さんがおばちゃんがさ、第二の故郷ですってやってんじゃん、あんな感じでさ、やっぱテントがなくちゃ色んな意味で困るよなっていうか。あるいは

――生活の一部?

乱:そうそうそう、生活の一部っていうか一部だから自分の。毎日の。

――テントがなくなったらそのどう思いますか?

乱:なくなったらなくなった時でまだ知らない限りは何かやるでしょ。当然ね、みなさんもそうでしょ。ただ守れる以上はできるだけやりますけどね。うん。

――乱さんの私生活の何パーセントぐらいテントで活動してますか?

乱:だから仕事夕方4時半か5時に終わって、土曜日泊番できて、金曜は運営会議とかなんとかで来ると一週間の3日か4日ぐらい来るんじゃないの。そうすると色んな人が来て、いろんな話を聞けたり、こちらの話まあしたりっていうことがありますけどね。


―People come to the tent to collect information?

Ran: Since this tent is not a place like it’s kept by some religious group, we have people with various backgrounds. From all over Japan and all over the world. Though many information is brought here, but I think it’s personal choice which information to pick up. Younger generation may find the story from the older interesting, or story by a person from Fukushima may give you real vision. It’s important to think there’s something happening. Although tent has little power, it is certainly a “living existence”.

―What is the tent for you?

Ran: Like Ms. Kameya was saying, it’s the “second home”. We would suffer in many ways if we lost the tent.

―Is it part of your life?

Ran: Right. It’s more like part of myself.

―How would you feel when the tent is get rid of?

Ran: We continue doing our act as long as we don’t know when it will be exactly. Of course, you would think so too. We try to protect it as much as we can do.

―How many percent of your life is devoted to the tent activity?

Ran: So I get off work at 4:30 or 5, then I come here for night-duty on Saturdays, and on Fridays I come for the management meeting, so 3 or 4 days a week. We have many visitors, and listen to them, and we tell them stories as well.