帯谷 れい子 / Reiko Obitani #2

帯谷:社交っていうのはいいイメージないのね私は。社交界って、あんまり(電話鳴る)社交ではないですね。交流を求めてるわけじゃないから。本当はどうなんだって、真実求めてるのが近いかな。みんな嘘言うこと多いじゃないじゃないですか。心にもないこと言ってお茶飲むでしょ。それが社交場だと思ってますから。真実の話ができる場、しゃべり場、という意味で、やっぱり原発が爆発しなかったらこれできなかったかなというくらい。原発はいやだけど、事故はいやだけど、原発が爆発しないと、やっぱりその話がなかなかできにくい時代になっているっていう怖さですよね。当たり前のことを当たり前に言えない、それが怖い。


Obitani: I do not have the image as a place (kanteimae) to socialize. I’m not there to have connections. I’m perusing the real answers. There are so many people who lie these days and say what they do not really think. I consider that that kind of place and topic is the place for socializing. If the nuclear power plant did not explode, there would have been no place to talk the actual fact. I am against the nuclear power plant but I feel scary that everyone cannot talk the truth in society if not the accident happened.