帯谷 れい子 / Reiko Obitani #3

――例えばそのデモにいく権利だったりとか、この人は行っちゃだめとか、参加しちゃだめとかってありますか?

帯谷:参加するのは自由でしょうね。ただ参加する意思のない人は絶対参加しないわけだし、その意思のない人は首に縄つけて引っ張るわけにいかないわけよ、思いがなかったら絶対そこに足踏み入れないから。なぜならばだいたいが国家的なプロジェクトで、それに圧迫された人たちが、個人的な抗議もあれば、原発のような公益の、それこそ世界レベルの、地球レベルの抗議ってのもありますけども、自分の命が危なかったら抗議していいんですよ、それはぜったいでしょ、必要でしょ、みすみす殺される必要は無い。だからその意味での当然の権利としての抗議はしていいと思っています


―Is there any right or are there any person who are not allowed to attend demo?

Obitani: it’s free to join, but people who do not have the will to join won’t join anyway and the ones who don’t have the will, we can’t force them to come because if there is no feeling about the demo they won’t come in. There are many different protests, demo in personal level or like nuclear power plant, if your life is in danger it is ok to protest, there is no meaning getting killed it’s a normal right to protest.