藤原 節男 / Setsuo Fujiwara #2

藤原:まあ、メンバーみたいな。要するに金曜日行動になるとそういう。今やってるのはね、金曜日と土曜日、大きなスクリーン、一畳くらいのスクリーンをですね貼って、プロジェクターであの、例えばこいで先生の動画、講演会の動画をやったりとかね。それから、テント1000日というDVDがあるんですけど、それは三年間の経産省前の記録だよね。皆さんがどういうふうなことをやってた。結構おもしろい動画があるんだけども、それのやつとかね。それから細川牧場って言ってね、あの飯舘村に牧場があって、そこ知ってるかな?その話は。馬が27頭ぐらい、次から次へと死んだんですね。で、さゆりという白い馬が死んだときの映像が30分くらいの映像があるんだけど、それをやったりとかね。質問:「それは放射能によって死んだんですか?」そうそうそう。私はちょっとそうかなと。細川っていう牧場主はこれはきっと、必ず、もう確実に放射能で死んだんだという話をしてるわけですよ。感動ものですよ。ほかにも、外国の映像とかね、外国の原爆の水爆の実験の映像もやったりとか。


Fujiwara: What we’re doing now is using a large screen about the size of one tatami and a projector to broadcast Professor Koide’s lectures. We also show a video called “Tent 1000 days” that are historical records of our tent since the past 3 years. There’s one interesting video. The film is based at the Hosokawa Farm located in the Iidate Village, and is about 27 horses that died one by one. There’s 30 minute long footage of a white horse called Sayuri that dies. Question: Did they die from radiation exposure? Answer: Yes, they did. The owner of the farm, who’s name is Hosokawa, said that he is positive that they died from radiation. Other footage we show are videos of nuclear bombs dropped into water and exploding.