藤原 節男 / Setsuo Fujiwara #3

――日本よりも海外のメディアのほうが原発に注目してると聞くんですけど、そうなんですか?

藤原:そうね。まあ、話はちょっと違うけれども、私はね731部隊っていうのが非常にテーマなんですけど、知らないかな?知らないなー。若い人は知らないな。太平洋戦争、第二次世界大戦中に満州にですね、731部隊っていう細菌兵器をつくる部隊があったんですよ。生体実験をやったんですよ。ドイツではポーランドでアウシュビッツの大虐殺があるでしょ?で、そこの近辺で生体実験をやったりとか。そういうことはあからさまになってるんだけど、日本の場合は731部隊が主体となって生体実験をやって、非常に極悪非道なことをやってるわけね。で、それがねなかなかあからさまになってないんです。ようするに、知ってる人は知ってる、知らない人は知らない。例えば、自民党なんかの人はこういうものはそんな、小説であって、実際にはなかったんだ。とそういう南京大虐殺と同じようなねいろんな意見が出てるんだけども、731部隊というのは事実で、いろんな記録も残っているということで、私はそれも活動の一義なんだけどもね。それもここでやりたいんだけどね、それはやっぱしシングルイッシューで脱原発だけだからここではやってないんだけどね。

――原発に関しても、731部隊みたいに真実はメディアには取り上げられてない

藤原:そうそうそう。同じことだよね。

――テントにはどれくらいの頻度で来てるんですか?

藤原:私は大体金曜日。


―I’ve heard overseas media have been focusing more on the nuclear issues than in Japan.

Fujiwara: Yes. Although the story is a little different, I guess I am conscerned a lot about Unit 731. You don’t know about unit 731? I guess young people don’t hear about it anymore. Well, in Manchuria during the Second World War, Japan had the troops make biological weapons. And they were doing biological experiments on humans. Do you know about the massacre of Auschwitz in Poland and Germany? It is well known that biological experiments have been done near those areas. However, in the case of Japan, even though Unit 731 were performing human experiments, these things have not come out into the open. In short, there are the people that know, and the people who don’t know. For example, the Liberal Democratic Party call the Unit 731 incident a fairy tale and that it never happened. Their reactions are similar to the Nanjing Massacre, but in the case of Unit 731 there is a lot of proof and records of it actually existing. I consider this as one of my life acts. I want to protest about Unit 731 at the Tent, but the tent is restricted to Nuclear plant related issues only so I don’t.

―Just like the nuclear plants aren’t being broadcasted on the news, the Unit 731 is also being kept secret?

Fujiwara: Yes, it is almost the same thing.

―How often do you come to the tent?

Fujiwara: Every Friday.